2021年社会人野手候補

北海道

氏名 身長・体重 コメント 将来性
井内 駿
(苫小牧東−北海道東海大−
JR北海道)
捕手
180・76
右・左
新2年目
大学時代に見た以来に見れましたので感想など。
スクエアに構えて、グリップを耳よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から自身も膝を引き上げていき回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
前の打席でやられたスプリットに対して、次の打席には膝を使って三塁線を突破してきます。
変則左腕の低めのスライダーに対しても、膝を使って下半身で粘って投手を強襲してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めては来ましたが安心感はないです。
肩は捕ってから素早くコントロール良く2度刺してきましたが、売りにできると思います。
と言う事で、打撃に関してはかなり伸びたように思いますので、インサイドを確実に捌けるのであれば指名圏内だと思います。
今年に期待したいものです。
(2021年3月31日掲示板にて寸評)

茨城

氏名 身長・体重 コメント 将来性
豊田 寛
(東海大相模−国際武道大−
日立製作所)
阪神6位
ライト
177・85
右・右
2年目
社会人では初めて見れたような気がしますが最終感想など。
軽く開いて、グリップを胸よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントから軽く足を浮かせてアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
インサイドには差し込まれやすいのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
左腕の外寄りの変化球はセンターに叩いてきます。
右腕の外寄りの低めの縦スラに対して膝を使ってバットに上手く球を乗せてライトスタンドにHRを叩き込んできたのは見事。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速い方で、左腕から2球牽制貰った後に余裕で盗塁を決めてきましたので、かなり成長しましたし今後売りにできる可能性があると思います。
守備はイージーなものしかなかったので守備範囲は分からないですが、右中間を抜かれた打球に対して中継にきちんと返球できずに3進を許してしまっては・・・
★纏め
打撃に関しては致命的な欠点は無く、インサイドを捌けるように訓練すれば、落ちるボールには強いですし長打力もありますので期待感が高いです。
また足も売りにできる可能性がありますので、今後送球などのミスを撲滅できれば6位での指名は超お買い得と言わざるを得ないです。
と言う事で、阪神のスカウトは成長点を見逃さなかったようですので、期待に応える大いなる活躍を期待したいものです。
(2022年1月27日掲示板にて寸評)

千葉

氏名 身長・体重 コメント 将来性
猪田 和希
(神戸国際大付
−JFE東日本)
捕手
175・80
右・右
2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
インサイドは左腕のスライダーが甘くなるとサヨナラHRをレフトステンドに叩き込んで来ます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは拾えないようですが、セカンドに良い当たりは放ってきたケースも見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプですが、ワンバウンド処理は無かったのできちんと止めれるのかどうか不明です。
肩もサンプルが無かったので、刺せる肩になったのかどうかは不明です。
リードに関しては元プロの須田先生に何度も首を振られていましたが、良い勉強をさせて貰ってると思います。
と言う事で、高卒2年目にしてはまずまずの所まで来ていましたので、冬の間に欠点を矯正していければ指名圏内に突入してもおかしくはないと思います。
日本選手権での進化に期待したいものです。
(2020年3月5日掲示板にて寸評)

2年目にも感想を書きましたが、昨年も見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドのサンプルがなかったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはライトに叩いてきます。
縦スラの良いサンプルがなかったので、膝を柔軟に使って拾えるようになったのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、安心感はないです。
肩は良いのですが、送球がショート方向に逸れては刺せないです。
と言う事で、徐々に成長はしていましたので、打撃の欠点を矯正し、送球のコントロールも安定して来れば高卒4年目ですので可能性はあると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月10日掲示板にて寸評) 

神奈川

氏名 身長・体重 コメント 将来性
中山 遙斗
(大阪桐蔭−國學院大
−三菱重工E)
セカンド
173・75
右・右
新2年目
高校時代から見てきましたが、社会人では初めて見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを体に近く顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点とクローズの踏み込みなので当然詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはライトに叩いてきます。
甘い縦スラはレフトにHRを叩き込んできます。
頭の高さはかなり変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
ポロっとしたりもありましたが、守備の動きは良かったです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正しており、足もそこそこ売りにできるようになれば面白いと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月17日掲示板にて寸評)

東京

氏名 身長・体重 コメント 将来性
中川 智裕
(近大付−近大
−セガサミー)
ショート
187・88
右・右
1年目
大学時代に見た際には打てそうな気がしなかった選手でしたが、社会人で伸びましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた後から自身も膝を引き上げていきゆったり大きく回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、かなりの内への移動も見られます。
インサイドは上記欠点とクローズの踏み込みなので基本当然詰まってしまいますが、甘くなるとやや詰まりながらも引っ張れます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは甘いと引っ張って捉えてきます。
低めの変化球は拾えないですが、偶にライトに拾ってきたケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んでレフトオーバーの長打を放ってきます。
サイドスローの外寄りのスライダーは引っ張り込んでレフト線に長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していましたし、肩も中々良かったです。
と言う事で、大学時代よりは良くなりましたので、インサイドと落ちるボールの最低どちらかは打てるようになれば可能性はあると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月12日掲示板にて寸評)
上川畑 大悟
(倉敷商−日大−NTT東日本)
日ハム9位
ショート
167・70
右・左
3年目
何度も見てきましたが指名されましたので最終感想など。
気持ち開いて、上体がホーム方向に被さって、グリップを指二本余して胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし切った後から軽く足を上げて踏み込むスタイル。
今までの打撃フォームとは別人のように変えていました。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドには肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきましたし、右中間を突破してきたケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
落ちるボールには膝を柔軟には使えないようで拾えなかったですが、甘いと引っ張り込んで捉えてきたケースも見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
気になったのは、1アウト2塁のケースで簡単にレフトフライを打ち上げていましたが、この選手のようなタイプは最低でも引っ張ってゴロを打っての進塁打を求められますがどうなのか?
送りバントはまずまず上手い方だと思います。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はプロに混ぜてもトップランクですし、スローイングも安定していますが、深い位置から暴投したケースもあったのはどうなのか?
★纏め
この選手の指名はあくまでもバックアップ要員としての位置づけでしょうから、自慢の守備に更に磨きを掛けて行き、どんな緊張するケースでも最低限進塁打を100%打てるようになればバックアップ要員として生き残れると思います。
折角指名されたのですから死ぬ気で努力して長く生き残って欲しいものです。
(2022年1月28日掲示板にて寸評)

愛知

氏名 身長・体重 コメント 将来性
和田 佳大
(鹿児島情報−
中京大−トヨタ)
ショート
167・63
右・左
1年目
高校・大学と見た記憶はありますが、社会人で名前が挙がっていたので真面目に見た感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
スプリットは拾えないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
コンパクトに振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、守備に関しては売りにできるレベルですので、弱さがある打撃の欠点を矯正していき、足も売りにできるようになれば化けれると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月14日掲示板にて寸評)
佐藤 勇基
(中京大中京−
法政大−トヨタ)
セカンド
178・82
右・右
新2年目
高校時代から見てきましたが、社会人では初めて見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インローが甘くなるとレフトにHRを叩き込んできます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
落ちるボールに対しては、アウトにはなったものの膝を使ってレフトのファールフライでしたが、脆さはないです。
頭の高さは変わるので、ミスショットが多いです。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備に関しては難しい打球はなかったものの、堅実に処理していました。
と言う事で、打撃に関しては伸びていましたので、冬に更に技術に磨きを掛けており、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月18日掲示板にて寸評)
中村 健人
(中京大中京−慶応大
−トヨタ)
広島3位
センター
183・88
右・右
2年目
社会人では初めて見れましたので最終感想など。
軽く開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドが揺らぎ、投手が腰を落とした所から軽く足を上げて回しこんで気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップの内への移動が見られます。
インサイドには甘くても詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
予選では外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきました。
予選では外寄りのカットボールはレフトスタンドにHRを叩き込んでいました。
大学時代から落ちるボールのサンプルがなかったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備に関してはイージーなものしかなかったですが、センターの定位置からレフトよりの左中間のフライに対してさり気なくバックアップに走っていましたが多分習慣にしているのでしょうし、肩のサンプルはなかったものの大学時代に良いのは知っています。
★纏め
一番気になるのは打撃が硬い点ですので、多分融通性はないタイプなのでこの辺りがどう出るかでしょうね。
広島のスカウトも鈴木の後釜として3位で指名したものの、絶対的な確証は持てなかったので6位で末包も追加で保険として指名している事からも不安材料は伺えます。
と言う事で、後は本人の意識の問題と球団の育成力に掛かっていますので、折角指名されたのですから死ぬ気で努力して生き残って欲しいものです。
(2022年1月25日掲示板にて寸評)

大阪

氏名 身長・体重 コメント 将来性
藤井 健平
(大阪桐蔭−東海大
−NTT西日本)
ライト
176・72
左・左
新2年目
社会人では初めて見れましたが、驚きましたので感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったものの、上記欠点とクローズの踏み込みなので厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
スプリットに空振りした直後に少し甘くなったスプリットをライト線に長打を放ってきます。
変則左腕の外寄りのストレートは引っ張り込んでライトフェンス直撃弾を放ってきます。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
外寄りの高めの変化球は引っ張り込んでライトスタンドにHRを叩き込んできます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
守備範囲は広く、肩も良かったです。
左腕の変化球の際に盗塁してきますし、右腕のストレートの際にもモーションを盗んで盗塁を2個決めてきましたが、こんなに足を売りにできるとは正直知らなかったです。
と言う事で、後はインサイドを確実に捌けるようになれば当然指名されると思います。
今年の進化に期待大です。
(2021年4月3日掲示板にて寸評)
平良 竜哉
(前原−九州共立大
−NTT西日本)
セカンド
170・78
右・右
新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは上記欠点からドン詰まるケースも見られましたが、少し甘い146`はレフト線に長打を放ってきましたし、インローの148`もやや詰まりながら引っ張ってきたケースも見られました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラは拾えないようです。
頭の高さはかなり変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは迫力があります。
守備の動きは良かったですし、肩も良いと思います。
足は速い方で、左腕のストレートの際に盗塁を決めてきます。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、欠点を矯正してインサイドを引っ張れる確率を上げて、下半身の粘りも出せるようになれば化けれると思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月9日掲示板にて寸評)
末包 昇大
(高松商−東洋大
−大阪ガス)
広島6位
ライト
187・100
右・右
3年目
高校時代以来に見れましたので最終感想など。
略スクエアに構えて、グリップエンドに小指を掛けて顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、かなりの内への移動が見られます。
インサイドは上記欠点から詰まってしまいますし、パワーでライト前に落としてくる程度ですが、甘くなるとバックスクリーンへHRを叩き込んできます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
都市対抗では、外の完全なボール球の縦スラを空振り三振した後に、2打席目も全く同内容で、投手が代わった3打席目には外のボール球のカットボールを空振りし、4打席目も3打席目と同内容と学習能力の無さを露呈していました。
日本選手権では、左腕のチェンジアップを2打席連続引っかけた後、4打席目には左中間に拾っては来ましたが正直対応能力は遅いです。
外のストレートはライトに叩いてきます。
縦スラは甘いとセンターに叩いてきましたし、外寄りの低めの縦スラを引っ張って捉えてきたケースも稀に見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
変化球の際に走って刺されていましたが、足は決して遅くないです。
守備は動けますし、肩は良さそうでした。
★纏め
広島は鈴木の穴を埋めるために後釜の候補生を複数指名した中の一人ですが、対応力が遅いと言うか学習能力が足りない部分が非常に気になります。
オリックスのラオウが時間が掛かりながら覚醒した事もあって、ラオウに大卒3年目のこの選手の姿を重ね合わせたのかもしれませんが、素材としてラオウほどではないので微妙な感じはしますね。
と言う事で、折角指名されたのですから死ぬ気で努力して生き残って欲しいものです。
(2022年1月24日掲示板にて寸評)
野村 勇
(藤井学園寒川−
拓大−NTT西日本)
SB4位
ショート
175・80
右・右
3年目
以前にも見たような気もしますが印象に残っていなかったですが、指名されましたので最終感想など。
クローズに構えて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから下半身を始動して左足を捕手方向に引いて、リリースポイントの前くらいから軽く足を浮かせてクローズに踏み込むスタイル。
グリップのかなりの内への移動が見られます。
インサイドは上記欠点とクローズの踏み込みなので当然詰まってしまいますが、左腕のスライダーはやや詰まりながら引っ張ってきたケースも見られました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
初見の外のカットボールを膝を使って左手一本で引っ張り込んでサヨナラタイムリーを放ってきます。
低めの縦スラは拾えないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速い方ですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していましたが、コントロールをミスったケースも見られましたが、肩は良さそうです。
★纏め
大卒適齢期を超えての指名の理由を考えてみましたが、昨年はセカンドを守っていたようですし、外野もできるようなので、鍛えればプロでもショートも守れそうな部分からユーティリティー性を評価されたのだと思います。
また大学時代2部で12試合で9盗塁を決めたようですし、足も売りにできる可能性も評価されたのだと思います。
ただ打撃に関しては、今の打法を矯正しないとプロの1軍のインサイドのストレートも、縦スラも苦戦するのは必至と思いますのでどうなのかな?とは思いますが。
と言う事で、折角指名されたのですから死ぬ気で努力して生き残って欲しいものです。
(2022年1月17日掲示板にて寸評)
児玉 亮涼
(文徳−九産大
−大阪ガス)
ショート
165・64
右・右
新2年目
高校時代から見てきましたが、社会人では初めて見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを指二本余して胸の高さにセットし、ヘッドが揺らぎ、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への異常な移動も見られます。
インサイドは上記欠点から当然詰まってしまいますが、インローが甘くなると引っ張れるケースも見られました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの落ちるボールは拾えないようですが、縦スラが甘くなると引っ張って捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
ノーアウト2塁で右方向に進塁打は打てるようです。
足は速く、牽制で刺された場面もありましたが、盗塁への意識は高くなったようで、塁に出ると2個盗塁を決めて来ました。
守備は抜群に良く、スローイングも安定していましたし、肩も良いです。
と言う事で、相変わらず打撃には欠点が多く弱いですが、盗塁への意欲があふれている点と、高校時代から定評のある守備力がありますので、都市対抗までの打撃の進化に掛かっているのでしょう。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月16日掲示板にて寸評)

広島

氏名 身長・体重 コメント 将来性
上甲 凌大
(宇和島東−
伯和ビクトリーズ)
捕手
182・73
右・左
新4年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
開いて、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲内です。
インサイドの縦スラはライトスタンドにHRを叩き込んできましたし、甘いストレートは1塁戦を突破してきましたし、厳しいコースもファールでは逃げれるようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外よりの高めのストレートは引っ張り込んで右中間にHRを叩き込んできます。
外寄りの縦スラはサードを強襲してきました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいると膝をつかないほうですが、ワンバウンドは止めてはきましたが、後ろに逸らして失点したケースも見られました。
牽制を見ましたが、肩は良かったです。
と言う事で、成長はしていましたので、退部して独立リーグに行ったようですので、欠点を矯正していき、1年で指名されるようになってほしいものです。
(2022年4月10日掲示板にて寸評)

香川

氏名 身長・体重 コメント 将来性
水野 達稀
(丸亀城西−JR四国)
日ハム3位
ショート
170・71
右・左
新3年目
高校時代にも感想を書きましたが、社会人では初めて見れましたので感想など。
開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルは無かったものの、上記欠点とクローズの踏み込みでは厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
甘い高めの縦スラは右中間にHRを叩き込んで来ます。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
低めの落ちるボールのサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングにはキレがあります。
足は速いですが、ストレートの際に走って刺されていましたので、現状売りには出来ないようです。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、高卒1年目で中心選手として打ちまくっていたのは良い意味で想定外でしたが、欠点はありますので今後徐々に矯正して行き、足も売りに出来るようになれば面白いと思います。
まずは日本選手権での進化に期待したいものです。
(2020年3月17日掲示板にて寸評)

高校時代から見ていますが、昨年も見れましたので感想など。
開いて、グリップを胸よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
左腕の甘めのスライダーはセンターに叩いてきます。
左腕の厳しいスライダーは下半身で粘って左中間に拾ってきます。
低めのスプリットには膝を使ってファースト正面の良い当たりのライナーを放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速いですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、今年解禁ですがインサイドを確実に捌けるようになって、足もある程度売りにできるようになれば指名圏内に突入すると思います。
期待したいものです。
(2021年3月27日掲示板にて寸評)

高校時代から毎年見てきましたので最終感想など。
開いて、グリップをお腹よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは甘いとファールにはなったものの引っ張れるようですが、動画ではコースに決まると上記欠点とクローズの踏み込みなので当然詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
フォークには膝を使っては来ましたが拾えないようです。
外寄りのストレートは引っ張り込んでファーストを強襲してきましたし、日本選手権では外寄りの高めのストレートを右中間にサヨナラHRを叩き込んできましたが、相変わらず小力はあります。
動画では外のストレートはレフトに叩いてきましたし、左腕の外寄りの低めのスライダーに対してリストワークによって良い当たりのファーストライナーを放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速い方で、左腕のストレートの際に盗塁を決めてきます。
都市対抗ではセカンドを守っていましたが、ショートの守備も売りにできるのは知っています。
★纏め
打撃には致命的な欠点はなく、小力もありますので、グリップの内への移動を緩和してインサイドを捌けるようになって、低めの変化球に崩されても下半身で粘れるようになれば、日ハムの長年の課題であるショート問題にけりをつけれるかもしれません。
と言う事で、死ぬ気で努力して活躍してほしいものです。
(2022年1月26日掲示板にて寸評) 



HOME