社会人投手(2021年度候補編)

北海道

氏名 身長・体重 コメント 将来性
内沢 航大
(八戸工大一−
法政大−JR北海道)
195・92
右・
新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を縮めてから伸ばすタイプですが、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝を突っ張り気味に、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
ランナーがいたのは3塁の場面だけだったので、クイックは不明です。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、130`台のスプリットのみ確認。
いずれもまずまずだったと思いますが、縦スラはあるはずですが精度がどのくらいなのかは投げなかったので不明です。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず成長しつつあると思いましたので、欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
今年に期待したいものです。
(2021年4月1日掲示板にて寸評)

秋田

氏名 身長・体重 コメント 将来性
小木田 敦也
(角館−TDK)
オリ7位
174・75
右・
新5年目
事前に名前は聞いていましたが、初めて見た感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前からプレートから軸足が離れるのは気になります。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX150`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、140`台のスプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、小柄ではありますが確かに良いものは持っていましたので、今年も高いレベルで安定した結果を残していければ短いイニングの投手として指名されると思います。
期待したい投手です。
(2019年3月23日掲示板にて寸評)

ひさしぶりに見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、サード方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕の使い方は悪くはないものの、引き込みはやや早い。
捻転差に当初から乏しく、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先をまずまず立てて使えるようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
2イニングをパーフェクトに抑えたので、クイックは不明です。
球種的には、MAX153`を計測したストレートと、120〜140`台の2種類の縦スラと、110`台のカーブと、140`台のカットボールは確認。
いずれも良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、大分良くはなってきましたので、今年欠点を矯正していれば指名圏内だと思います。
期待したいものです。
(2021年3月23日掲示板にて寸評)

毎年候補に挙がっていたのに指名されなかったですが、やっと指名されましたので最終感想など。
ノーワインドアップから、膝を素早く内に引き上げて、上体が3塁側に傾いて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を直ぐにホーム方向に向けて、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、着地も早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先を立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝を突っ張って、首を振って、グラブの抱え込みは甘い。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
牽制を入れて、クイックはしてきます。
球種的には、MAX150`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130〜140`台のツーシームと、130〜140`台のカットボールと、130`台のスプリットと、110`台のカーブは確認。
縦スラは落差のあるタイプなのでもっと小さく鋭く曲がる代物にブラッシュアップしたいですし、カーブの際に腕の位置が上がるのでは球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました(特にピンチの場面で変化球が甘くなる)。
性格的には、ピンチの場面で絶対に抑えてやると言う気迫が伺えないのは。
★纏め
まあ先発をさせているので色々甘さも出てしまっていましたが、基本的には中継ぎタイプだと思いますので、中継ぎならプロでも通用すると思います。
と言う事で、折角指名されたのですから死ぬ気で欠点を矯正して活躍してほしいものです。
(2022年1月29日掲示板にて寸評) 
佐藤 開陸
(能代松陽−TDK)
165・63
左・左
新3年目
2年前に小木田を見に行ったのに故障で投げずに偶々生で見た左腕だと思いますが、感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、上体も捻っていきながら溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも少し上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れがちとなって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
3人で抑えきったので、クイックは不明です。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、130`台のカットボールと、120`台の小さめのカーブと、130`台のスクリューボールは確認。
ストレートの伸びは良かったですし、スクリューは中々だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
性格面では都市対抗初登板で堂々とした投球を披露したように、精神的に強いものを持っていると思います。
と言う事で、小柄ですが良いものは持っていましたので、今年欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ指名圏内に突入するかもしれません。
期待したいものです。
(2021年3月24日掲示板にて寸評)
鈴木 大貴
(福島東−
流通経済大
−TDK)
182・84
右・
新2年目
全く知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
大きく振りかぶって、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも結構下から投げ込んでくる癖のあるフォームです。
肘の位置がストレートの際に上がるケースが多いようです。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きめなので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX154`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、130`台の縦スラと、130`台のフォークは確認。
ストレートには威力がありましたし、縦スラは中々良かったです。
コントロールも一応纏めてはきましたが、甘いのも多く、細かいコントロールはないです。
と言う事で、癖のあるフォームではありますが良いものは持っていましたので、今年欠点を矯正できれば可能性はあると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月22日掲示板にて寸評)

宮城

氏名 身長・体重 コメント 将来性
松葉 行人
(東海大甲府−
桜美林大−
七十七銀行)
177・78

新2年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、140`台のカットボールと、120`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待以上に伸びてはいましたので、今後更に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月7日掲示板にて寸評)
竹本 祐瑛
(八戸西−駒大
−JR東日本東北)
186・93

新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
振りかぶって、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
大分腰の開きを抑えられるようになってきたのは好感。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130`台のカットボールと、130`台のフォークボールと、120`台のチェンジアップと、100`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、もっとカーブを使うべきと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、徐々に成長はしていましたので、今後更に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ先発投手として面白いと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月6日掲示板にて寸評)

茨城

氏名 身長・体重 コメント 将来性
阿部 陽登
(駒大苫小牧−
日立製作所)
180・79
右・
3年目
高校時代に高評価した投手でしたが、社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる美し目のフォームです。
左腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、勝負球が甘いのが多かったです。
1点差の8回から登板し逃げ切りましたし、精神的にも強いものは持っています。
と言う事で、まずまず順調に成長はしていましたので、ストレートで圧倒できるように磨きをかけており、縦スラにも更に磨きをかけていれば指名圏内だと思います。
日本選手権で期待したいものです。
(2020年3月31日掲示板にて寸評)
青野 善行
(市立船橋−
国際武道大
−日立製作所)
181・78
右・
新3年目
何度も見てきましたが、社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、90`台のカーブと、130`台のカットボールと、130`台のスプリットと、130`台のツーシームは確認。
ストレートはスピンが利いているので140`台でも空振りを奪える代物でしたし、カーブは中々良かったです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
精神面では、都市対抗初登板で味方のエラー等もあってノーアウト満塁になっても全く動じず無失点で凌ぎきります。
と言う事で、肘を痛めて予選では投げていなかったらしいですが、ぶっつけの都市対抗では復調のきざしを見せる投球でしたので、今シーズン完全復調して結果もきちんと残せば確実に指名圏内に入ると思います。
日本選手権で期待したいものです。
(2020年3月30日掲示板にて寸評)

高校時代から見てきましたが、昨年も見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、サード方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差に当初からやや乏しく、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、140`台のカットボールと、130`台の縦スラと、130`台のスプリットと、130`台のツーシームと、90`台のカーブと、120`台のパワーカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、今年大卒3年目にはなりますが、プロに行きたいのならストレートにももっと磨きをかけれれば可能性は残されていると思います。
今年に期待したいものです。
(2021年3月29日掲示板にて寸評) 

栃木

氏名 身長・体重 コメント 将来性
林 明良
(横浜隼人−
関東学院大
−エイジェック)
180・82

新2年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して溜めて、アウトステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングが早く、腰を開いて、着地も早い。
テイクバック大きめなので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘はまあまあ鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
肩をぶん回して投げてくるタイプなのは気になります。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックは溜めるタイプなので微妙です。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、120〜130`台のスライダーと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、カーブの際にのみ腕の位置が上がっては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後更に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月8日掲示板にて寸評)

群馬

氏名 身長・体重 コメント 将来性
手塚 周
(福島−立教大
−SUBARU)
180・80
右・
新2年目
社会人では初めて見た感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックは微妙です。
球種的には、MAX150`を計測したストレートと、110〜120`台のチェンジアップと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、90`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず成長していましたので、今年の進化如何では可能性が高いと思います。
期待したいものです。
(2021年3月30日掲示板にて寸評)

神奈川

氏名 身長・体重 コメント 将来性
吉村 貢司郎
(日大豊山−
國學院大−東芝)
183・80
右・
3年目
名前は聞いていましたが、初めて見た感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、サード方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングが早く、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX152`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
ストレートはボリューム感があり且つ空振りも奪える球質でしたし、変化球も良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、この投手は開く(特に下半身)部分を矯正するだけで更にすごみが増すと思いますので、そうなれば当然指名されることになると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月18日掲示板にて寸評)

一昨年も感想を書きましたが、昨年も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を素早く内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX153`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、110`台のカーブと、130〜140`台のフォークは確認。
ストレートは空振りを奪える代物でしたし、変化球もいずれも一定レベル以上の代物だったと思いますが、縦スラは良いのと悪いののバラツキがあったので精度を上げたいものです。
性格面は弱くはないですが、気を抜いたど真ん中のストレートをライトスタンドに叩き込まれていましたが、集中力には欠ける部分はスカウトも気になったのでしょう。
と言う事で、良くはなっていましたので、今年スポニチ大会で無双したようですので、安定したピッチングを続けていければ大卒3年目ではありますがNPBでも数少ないイニングを長く食える先発投手として指名されると思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月20日掲示板にて寸評) 
藤村 哲之
(愛工大名電−
横浜商大−東芝)
180・88
左・左
新2年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
振りかぶって、膝を内に引き上げて上体も少し捻って、上体が1塁側に傾いて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを大きめに利用して、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差が解けるタイミングがやや早く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先をきっちり立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`ちょっとくらいのストレートと、カーブと、スライダーと、カットボールと、スプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールもアマチュアの中では良いと思います。
と言う事で、かなり成長したと思いましたので、欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ指名圏内だと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月21日掲示板にて寸評)
加藤 三範
(花巻東−筑波大
−ENEOS)
182・90
左 
新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
右腕の使い方は悪くはないものの、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先を立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、110〜120`台のスライダーと、110`台のチェンジアップと、130`台のスプリットは確認。
ストレートは良かったですが、日によって良いのと悪いののバラツキが激しいので毎試合良い状態にしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、大学時代よりも成長はしていましたので、更に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ面白いと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月12日掲示板にて寸評)
関根 智輝
(都立城東−慶応大
−ENEOS)
183・87
右 
新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX153`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130`台のスプリットと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、大学時代よりも成長はしていましたので、更に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月11日掲示板にて寸評)

埼玉

氏名 身長・体重 コメント 将来性
青島 凌也
(東海大相模−
東海大−ホンダ)
178・84
右・
1年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、左足を伸ばさずに、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、お辞儀して、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、120`台のツーシームは確認。
いずれもまずまずだったとは思いますが、ストレートは死に球も多く見られました。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、大学4年生の際には故障から殆ど登板が無かったですが、やっと投げられるようにはなってきた段階でしたので、故障に注意して今年ストレートの質が戻れば指名圏内に入るとは思います。
日本選手権での進化に期待したいものです。
(2020年3月9日掲示板にて寸評)
小野 大夏
(健大高崎−ホンダ)
177・75
右・
新4年目
社会人では初めて見た感想など。
ランナーなしでもセットから、軸足でつま先立ちしていきながら膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今年欠点を矯正し、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月21日掲示板にて寸評)
米倉 貫太
(埼玉栄−ホンダ)
184・86
右・
新3年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きめに利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしているものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはまずまずしてきます。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今年ドラフト解禁ですが
欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、安定した実績を残せれば指名圏内に突入すると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年4月15日掲示板にて寸評)
朝山 広憲
(作新学院−法政大
−ホンダ)
175・81
右・
新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、サード方向に足を向けて、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差に当初から乏しく、腰の横回転が強くなって、腰の開きも早く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはまずまずしてきます。
球種的には、MAX150`を計測したストレートと、130`台のスプリットと、110`台のカーブと、120`台の大小2種類の縦スラと、130`台のツーシームは確認。
ストレートは腰を開くので球速表示程ではなくAV的にも140`前後でしたが、変化球はまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、欠点を矯正できれば可能性はあると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年4月13日掲示板にて寸評)
中村 伊吹
(星琳−白鴎大
−Honda)
179・68
左・左
新3年目
都市対抗では良くなかったですが、日本選手権の模様から感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、アウトステップ気味に、スリークウォーターから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝を突っ張って、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX150`弱くらいのストレートと、スライダーと、カーブと、チェンジアップは確認。
ストレートは良かったですし、チェンジアップは中々でした。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのが多かったです。
と言う事で、肘の使い方は非常に良くなりましたし、一つ一つの球自体はかなり良くなっていましたので、欠点を矯正しており、安定した投球を年間通して続けていければ3年目ではありますが可能性はあると思います。
まずは都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月5日掲示板にて寸評)
有村 大誠
(秀岳館−立命大
−Honda)
185・88

新2年目
社会人では初めて見た感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、130〜140`台の縦スラと、110`台のカーブと、130`台のスプリットは確認。
ストレートは微妙に動く癖球系となっていましたが、変化球はいずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
まずは都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月4日掲示板にて寸評)
片山 晧心
(日立第一−
桐蔭横浜大
−Honda)
175・84

新2年目
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向に足を伸ばして溜めて、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大き目なので(セカンドベース方向に腕を伸ばす)、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプで、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX141`を計測したストレートと、110〜120`台のスライダーと、120`台のチェンジアップと、100`台のカーブは確認。
ストレートは日本選手権の方が良かったですが、変化球はまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけており、年間通して安定的な投球を見せれれば可能性はあると思います。
まずは都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月3日掲示板にて寸評)
柴田 大地
(日体大荏原−
日体大
−日本通運)
ヤクルト3位
180・90
右・右
2年目
事前に気になってはいましたが、動画で初めて見れましたので最終感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも少し上から投げ込んでくる変な癖の少ないフォームです。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX156`を計測したストレートと、140`台のスプリットと、120`台のパワーカーブと、130〜140`台のカットボールは確認。
ストレートに関してはシュート回転するのは気になりましたが、空振りを取れる球質ではなくバットを球威で押し込むタイプで、変化球は決るといずれも一定レベル以上の代物でした。
コントロールに関しては、打者の顔の辺りに行ったり高めに浮いたりしたと思ったら、その後はアウトローにずばり決めたりと、掴みどころはないタイプです。
性格面は良く分からず。
★纏め
高校時代は無名で故障によって伸び悩んだようで、大学でも入学早々に肘を故障し4年生になってトミージョン手術を受けて4年間で公式戦の登板はなかったようで、社会人でも2年目に初めて公式戦で投げたようで、故障の多さと経験の無さが気になりますし、都市対抗と言う晴れの舞台でも調整不足からベンチにも入れなかったと言う運の無さも非常に気になる所です。
と言う事で、素材の凄さは理解できましたので、後は本人の意識の問題と球団の育成力に掛かっていますので、死ぬ気で努力して生き残って欲しいものです。
(2022年1月30日掲示板にて寸評)

千葉

氏名 身長・体重 コメント 将来性
山本 晃希
(熊毛南−
九州国際大−
かずさマジック)
183・92
右・
1年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
かなり体ががっちりしたと思います。
プレートの1塁側を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、担ぎ気味にスリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX150`を計測したストレートと、140`台のスプリットと、130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、110`台のカーブは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、素材は良く今年きっちり結果を出し続ければ指名されるレベルには来ていましたので、まずは日本選手権での進化に期待したいものです。
(2020年3月8日掲示板にて寸評)

千葉

氏名 身長・体重 コメント 将来性
山田 啓太
(東海大相模−
白鴎大−
JFE東日本)
172・71
左・左
新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、セカンド方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
右腕の使い方は悪くはないものの、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、120`台のチェンジアップと、130`台のツーシームと、110`台のカーブは確認。
ストレートは球速以上に良かったですし、変化球もまずまずの代物だったと思いますが、チェンジアップがスライダー回転するのが気になりましたし、カーブの際にのみ肘を立てては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、結構成長していましたし、何よりマウンド上から覚悟が伺えましたので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ面白いと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月14日掲示板にて寸評)

東京

氏名 身長・体重 コメント 将来性
稲毛田 渉
(帝京−仙台大
−NTT東日本)
185・89
右・
新2年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
2アウトランナー3塁だったのでセットしか分からず。
セットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、膝を突っ張って、お辞儀して、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックは不明です。
球種的には、MAX149`を計測したストレートのみ確認。
ストレートは良かったですが、変化球の精度は全く分からず。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
という事で、進化の度合いは分からない部分は多かったですが素材の良さは伝わってきましたので、今年の進化次第では指名圏内に入ると思います。
期待したいものです。
(2021年4月9日掲示板にて寸評)
多田 裕作
(日体大柏−拓殖大
−NTT東日本)
176・83

新2年目
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、膝を突っ張って、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、130〜140`台のシュートと、130`台の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
シュートは中々良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていれば、あまりいないシュート投手として短いイニングで面白いと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月22日掲示板にて寸評)
森井 絃斗
(板野−セガサミー)
184・94
右・右
3年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは遊んで何となく腰のあたりにはある感じです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130〜140`台のカットボールと、110`台のカーブと、130`台のスプリットは確認。
カットボールは中々良かったですし、その他もまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、故障明けだったようですし、今年未だ高卒4年目ですので、欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ可能性は高いと思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月13日掲示板にて寸評)
横山 楓
(宮崎学園−
國學院大−
セガサミー)
オリ6位
180・83
右・左
2年目
高校時代以来に見れましたので最終感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、オーバースローから投げ込んでくる。
軸足の膝がぐらつくのが非常に気になります。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきましたが、当初牽制を入れなく読まれて走られた後からは牽制も入れてきます。
フィールディングの動きは良かったです。
球種的には、都市対抗でMAX149`(日本選手権で152`)を計測したストレートと、130`台のフォークと、偶に120`台のパワーカーブは確認。
ストレートは回転数が2100〜2200回転でパワーでバットを押しこむタイプで、フォークは良かったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されましたし、甘いストレートはHRを叩き込まれていました。
性格面は物凄く強くもなく弱くもない平均的なタイプのようです。
★纏め
高校時代とは別人のような力投派のフォームになっていましたが、短いイニングでという事なのでしょうが、予選で好不調が結構あったらしいので下位指名となったのでしょう。
また基本ストレートとフォークのみなので、高校時代に投げていた縦スラやチェンジアップの精度も上げれればと言う部分も評価が低かったのだと思います。
と言う事で、旬の次期では決してないような気がしますが、折角指名されたのですから死ぬ気で努力して這い上がって欲しいものです。
(2022年1月18日掲示板にて寸評)
山田 龍聖
(高岡商−
JR東日本)
巨人2位
183・78
左・左
3年目
社会人では初めて見れましたので最終感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って止まり加減に溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、略オーバースローから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
腕を引き上げるタイミングが必要以上に遅れるのは気になります。
フィニッシュでは、グラブを後ろに引くタイプです。
けん制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、120〜130`台のチェンジアップは確認。
ストレートは空振りが取れますし、チェンジアップも良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されましたし、初回に関しては予選で高めに浮いていたこともあって腕の振りを緩めていました。
性格面は、甲子園で大阪桐蔭をあと一歩まで追い詰めましたし、最初で最後の都市対抗でも好投しましたので、大舞台に強いと言うか気持ちが強いタイプだと思います。
★纏め
社会人で高卒3年目の実績が少ない投手は中々プロで苦しんでいる印象が強いですが、この投手は腕を引き上げるタイミングが一定になればリリースポイントも安定しコントロールも安定すると思いますし、高校時代に投げていたカーブを投げるようになれば先発投手として活躍できるようになると思います。
まだまだ素材型の域を脱してないかと事前に想像していましたが、想像以上に成長していましたので、1年目からは運次第ですが、2年目以降は活躍できそうな気がしますので、死ぬ気で努力して長く先発投手として活躍してほしいものです。
(2022年1月19日掲示板にて寸評)
高橋 佑樹
(川越東−慶応大
−東京ガス)
174・85
左・左
新2年目
社会人では初めて見れましたので、感想など。
ランナーなしでもセットから、軸足でつま先立ちしていきながら、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、オーバースローから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れ気味となって、お辞儀して、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120〜130`台の2種類のスライダーと、120`台のチェンジアップと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず期待通りに成長しつつあると思いましたので、今年ストレートにももっと磨きをかけて、結果を残せれば指名圏内だと思います。
期待したいものです。
(2021年4月5日掲示板にて寸評)
益田 武尚
(嘉穂−
北九州市立大
−東京ガス)
175・86
右 
新2年目
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX153`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、140`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、縦スラは落差のあるタイプなので、もっと小さく鋭く曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ面白いと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月13日掲示板にて寸評)

富山

氏名 身長・体重 コメント 将来性
内藤 航世
(育英−びわこ成蹊
スポーツ大−
伏木海陸運送)
186・92
右・右
新2年目
全く知らない投手でしたが、少し気になりましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしているものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、腕の軌道が体から必要以上に離れるのは気になります。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、130`台のフォークと、130`台の縦スラと、110〜120`台の縦スラは確認。
ストレートの球速はAV的には130`台でしたが、変化球はまずまずだったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
今年に期待したいものです。
(2021年3月28日掲示板にて寸評)

静岡

氏名 身長・体重 コメント 将来性
緒方 太地
(福岡工−沖データ
コンピュータ−
ヤマハ)
183・82
右・右
2年目
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、略オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、110`台のカーブと、130`台の縦スラは確認。
ストレートは良いのと悪いののバラツキが激しかったですが、おっと思わせるボールもありましたし、変化球もまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、今年大卒2年目と同じ年齢になるようですので、ラストチャンスではありますが、素材としては凄いものを持っていましたので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけており、安定感も増していれば指名圏内になると思います。
都市対抗での進化に期待したいものです。
(2020年4月2日掲示板にて寸評)

岐阜

氏名 身長・体重 コメント 将来性
小久保 気
(玉龍−四国学院大
−西濃運輸)
179・81
右・
新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを大き目に利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、110`台のカーブと、130`台のカットボールと、120`台の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬の間に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていれば可能性はあると思います。
期待したいものです。
(2019年3月21日掲示板にて寸評)

三重

氏名 身長・体重 コメント 将来性
森田 駿哉
(富山商−法政大
−ホンダ鈴鹿)
183・79
左・左
1年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはまずまずしてきます。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、120`台のカットボールと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、大学時代に大きな故障をしてからまずまず回復傾向にありましたので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていれば可能性は残されていると思います。
都市対抗での進化に期待したいものです。
(2020年4月5日掲示板にて寸評)
八木 玲於
(敦賀−天理大−
ホンダ鈴鹿)
177・85
右・
1年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
太ももが物凄く太いです。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、サード方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも少し下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝を突っ張って、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX154`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130〜140`台のスプリットは確認。
ストレートは球速表示は速いですが、社会人の野手にあまり苦にせず打たれていましたが、変化球はまずまずだったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月16日掲示板にて寸評)
松本 竜也
(智弁学園−
ホンダ鈴鹿)
広島5位
177・85
右・右
4年目
社会人では久々に見れましたので最終感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、略オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
けん制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、130`台のスプリットと、110`台のカーブは確認。
ストレートは空振りが取れますし、変化球も一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
性格面は、タイブレークで自身のストレートを信じてオールストレートで2者連続三振に切り捨ててきましたが社会人で精神面も成長したようです。
★纏め
都市対抗の予選で良くなかったようで、他の球団は見送ったのでしょうが、広島は将来性にかけての指名だったと思いますが、都市対抗での圧巻の投球を見て安心したでしょう。
と言う事で、全てにおいて成長したと思いますので、指名は当然と思いますが、広島は5位で獲れたとは儲けものでしょうね。
末永く活躍してほしいものです。
(2022年1月20日掲示板にて寸評)

愛知

氏名 身長・体重 コメント 将来性
坂巻 拳
(千葉英和−
東京情報大−
三菱自動車岡崎)
187・94
左・左
1年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーがいる際の登板だったので、セットしか分からず。
セットから、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って、セカンド方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首をかなり振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、120〜130`台のスライダーは確認。
ストレートはもっと出そうでしたし、スライダーもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、素材としては素晴らしいものは持っていますので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけており、スライダー以外の絶対的な変化球も習得していれば大化けすると思います。
日本選手権での進化に期待したいものです。
(2020年3月29日掲示板にて寸評)
長谷部 銀次
(中京大中京−
慶応大−トヨタ)
184・80

新2年目
社会人では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきますが、クイックになると微妙に制球を乱してしまいます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120〜130`台のスライダーと、110`台のカーブと、130`台のスプリットは確認。
ストレートの迫力は中々だったと思いますし、変化球もまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
ピンチの際に登板して1球で抑えましたが、気持ちの強さも伺えます。
と言う事で、大学時代は故障から思うように活躍できなかったですが、社会人では一皮むけた感じがしましたので、すべては都市対抗での内容に掛かっていると思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月19日掲示板にて寸評)

大阪

氏名 身長・体重 コメント 将来性
河野 佳
(広陵−大阪ガス)
174・78
右・
新3年目
どうしようか迷いましたが、折角見たので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、130`台のチェンジアップは確認。
ストレートは球速表示程ではなく、先輩のドラフト候補と比べると見劣りしましたが、チェンジアップはまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、社会人1年目で都市対抗の大舞台で投げさせて貰えた経験を生かして、今後欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
まずは今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月20日掲示板にて寸評)

社会人1年目も見ていましたが、昨年も見れましたので感想など。
プレートの真ん中を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる、力感の無いフォームです。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプで、軸足を意識的に跳ね上げないようにしています。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと(日本選手権では短いイニングで149`を計測)、120`台の縦スラと、130`台のカットボールと、130`台のスプリットと、100〜120`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、縦スラは落差のあるタイプなので、もっと小さく鋭く曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、社会人では無双状態ではありますし巨人に入った赤星っぽい感じではありますが、赤星のように特殊なボールを持っているわけではないですし、スケール感もない部分をスカウトがどう見るか?でしょうね。
都市対抗で更なる進化に期待したいものです。
(2022年4月15日掲示板にて寸評) 

兵庫

氏名 身長・体重 コメント 将来性
森 翔平
(鳥取商−関大
−三菱重工神戸)
広島2位
177・77
左・左
1年目
高校・大学と見てきましたが、昨年も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、上体も少し捻っていきながら、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブはだらんと後ろに流れてしまいます。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、110`台のカーブと、130`台のスライダーと、130〜140`台のカットボールは確認。
ストレートは悪くないのですが中々空振りが取れなかったですが、変化球は良かったです。
ホンダ鈴鹿には簡単にヒットを打たれていましたが、もしかしたら何か癖があるのかもしれません。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月19日掲示板にて寸評)

高校・大学時代から何度も見てきましたが、指名されましたので最終感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
けん制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、130`台のスライダーと、130`台のカットボールと、120〜130`台のスプリットと、110`台のカーブと、130`台のチェンジアップは確認。
ストレートは球速が上がると回転数が落ちると言う変わったタイプですが、変化球は一定レベルの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
性格面は、社会人1年目の全国大会では初回に猛攻を浴びたものの、昨年の都市対抗では2回から変化球を上手く使って試合を作っていましたし、成長した点だと思います。
★纏め
高校・大学と順調に進化しましたし、社会人でも総合力で進化したと思いますので2位指名は妥当と思います。
ただスピードが上がると回転数が減るストレートがプロの1軍で通用するかどうかがポイントと思いますので、上手く変化球を交えながら総合力で勝負する先発投手を目指すべきと思います。
死ぬ気で努力して活躍してほしいものです。
(2022年1月21日掲示板にて寸評) 
八木 彬
(八戸学院光星
−東北福祉大
−三菱重工W)
ロッテ5位
182・88

2年目
高校時代以来に見れましたので最終感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地はやや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は柔らかく鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
都市対抗ではランナーを出さなかったですが、日本選手権ではクイックはしてきます。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、130〜140`台のスプリットのみ確認。
ストレートはホップ成分が高く中々良かったですし、スプリットもまずまずでしたが、高校時代には縦スラも投げていましたが1球も投げなかったですね。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
★纏め
ストレートはかなり良くなっていましたので、後はスプリットだけでは中々プロでは難しいですので(この部分が5位まで残っていた要因なのだと思いますが、5位で獲れたのはお買い得)、縦スラなどの精度を上げれれば1年目から中継ぎとして活躍できそうに思います。
折角指名されたのですから死ぬ気で努力して活躍してほしいものです。
(2022年1月23日掲示板にて寸評)

岡山

氏名 身長・体重 コメント 将来性
廣畑 敦也
(玉野光南−
帝京大−
三菱自動車倉敷
オーシャンズ)
ロッテ3位
177・75
右・
1年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、スリークウォーターから投げ込んでくるやや癖のあるフォームです。
左腕の使い方は悪くないものの、引き込みはかなり早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX154`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130〜140`台のカットボールと、130`台のスプリットと、110`台のカーブは確認。
ストレートは中々でしたし、カットボールも良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
都市対抗初登板で堂々とした投げっぷりでしたし、精神的には強いと思います。
と言う事で、高校時代よりは球は格段に良くなっていましたので、開きを抑えれるようになればプロの扉が開くと思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月9日掲示板にて寸評)

一昨年も感想を書きましたが、昨年も見れましたので最終感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる、癖の強いフォームです。
左腕の使い方は悪くないものの、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、腕を引き上げるタイミングが遅れて、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX152`を計測したストレートと、140`台のカットボールと、110`台のカーブと、130`台の縦スラは確認。
指に掛かった際のストレートの伸びは中々でしたし、カットボールも良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
性格面は、ピンチで登板してきっちり凌いできましたし精神的な強さは持っていると思います。
★纏め
昨年の前半戦は絶好調だったようですが、その後は調子が下降線を辿ったようですので指名順位は下がったのでしょう。
と言う事で、癖の強いフォームの投手の育成には定評があるロッテの指名ですので、短いイニングの投手として可能性はあると思います。
死ぬ気で努力して生き残って欲しいものです。
(2022年1月22日掲示板にて寸評) 

広島

氏名 身長・体重 コメント 将来性
平岡 航
(鴨沂−京都学園大
−伯和ビクトリーズ)
173・60
左・左
2年目
大学時代から見ていますが、昨年も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
右腕を低い位置で使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、130`台のスライダーと、130`台のスプリットは確認。
ストレートは球速表示以上に質が良かったですし、カットボールも良かったですし、スプリットの落ちる軌道が独特なので打者にとっては厄介なボールだと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、正直指名が無かったのは疑問ですが、今でもまだ60`と言う体重はもしかしたら太れない体質なのかな?とは思いますが、大卒今年3年目にはなりますが伸び代はあるので、欠点を矯正していればラストチャンスを掴めると思います。
日本選手権での進化に期待したいものです。
(2020年3月13日掲示板にて寸評)
吉川 雄大
(広陵−東海大
−JFE西日本)
楽天7位
167・81
右・右
3年目
高校時代以来に動画で見れましたので、最終感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
フィールディングの動きは良かったです。
球種的には、MAX140`ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、カットボールと、チェンジアップは確認。
ストレートは無難でしたが、変化球はまずまずの代物だったと思います。
コントロールは纏まっていました。
性格面は高校時代には気持ちは強かった記憶があります。
★纏め
昨年の公式戦での実績は10イニングで被安打6の奪三振11の四死球4だったようですが、日本選手権の予選でも1/3イニングのみの登板で、都市対抗予選でも投げていないようですし、大卒3年目での指名は正直よくわからないです。
スカウトはシュートの習得を勧めているようで、美馬をイメージしての指名のようですが、折角指名されたのですから死ぬ気で努力して生き残って欲しいものです。
(2022年1月31日掲示板にて寸評)

香川

氏名 身長・体重 コメント 将来性
上谷 和大
(今治北−龍谷大
−JR四国)
178・75
右・右
新2年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、上体を3塁側に倒して腰を落として、サイドスローよりも下から投げ込んでくる。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、膝がかなり割れて、首を振って、グラブが遊んでしまい、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この投法ではグラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`ちょっとくらいのストレートと、スライダーのみ確認。
ストレートは浮き上がるタイプも投げれますが、シュート回転しがちなのは気になりました。
コントロールも纏めてはきましたが、スライダーが甘くなるケースが見られました。
と言う事で、成長はしていましたしあまりいないタイプですので、欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけており、スライダー以外の絶対的な変化球も保持していれば面白いと思います。
都市対抗で期待したいものです。
(2022年4月23日掲示板にて寸評)

高知

氏名 身長・体重 コメント 将来性
佐田 涼介
(明徳義塾−拓殖大
−四国銀行)
180・77
右・
新2年目
高校時代以来に見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きめに利用して、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、120`台のチェンジアップと、100`台のカーブは確認。
ストレートは良かったですが、カーブの際に腕の位置が上がっては球種がばれてしまいますし、変化球全般にもっとレベルアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
という事で、ストレートは速くなりましたが、全体的には期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、欠点を矯正できれば可能性はあると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年4月10日掲示板にて寸評)

熊本

氏名 身長・体重 コメント 将来性
上ノ国 慎伍
(小林−高知大
−ホンダ熊本)
176・80
右・
新2年目
全く知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に高く引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX150`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、カーブの際にのみ肘を立てては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、全くの無名の投手にしては良いものを持っていましたので、欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ可能性があると思います。
今年の進化に期待したいものです。
(2021年3月26日掲示板にて寸評)



HOME