2023年度の逸材

2年生の逸材

南北海道

氏名 身長・体重 コメント 将来性
水野 楓海
(札幌静修)
レフト
170・63
右・右
春には出ていなかったですが、気になりましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドはやや詰まりながらも肘を畳んで引っ張れるようですし、左腕のスライダーにやられた次の打席では三塁線を突破してきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
落ちるボールは現状拾えないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは1年生にしては中々でした。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなかったですが、肩は微妙です(握りそこなったのかも)。
と言う事で、打撃には秀でたものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月9日掲示板にて寸評)
成田 翔大
(駒大苫小牧)
ライト
179・75
右・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げ始めたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、投手が腰を落とし切った後から軽く足を浮かせて気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドはファールにはなったものの引っ張れるようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
ツーシームはセンターの正面をついてしまったもののきっちりミートしてきます。
縦スラは甘いとセンターに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
鋭く振り切ってくるスイングは切れがあります。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなく、肩とともに不明です。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月31日掲示板にて寸評)
金山 准大
(小樽双葉)
ライト
174・68
右・右
知らない選手でしたが気になりましたので感想など。
開いて、グリップをお腹の高さにセットし、ヘッドを動かしながら胸の高さに上げて行き、投手が腰を落とし始めたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントの前くらいから軽く足を浮かせてクロースに踏み込むスタイル。
グリップを2度上げして耳よりも上の高さまで上げて、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったものの、上記欠点とクローズの踏み込みなので厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
アウトローのストレートは膝を使ってセンターに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで左中間を突破してきます。
外の低めの縦スラには膝を使ってファーストの正面をついてしまいましたがミートしてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
シャープに振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月30日掲示板にて寸評)
新田 俊之輔
(札幌日大)
ショート
170・67
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
クローズに構えて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから下半身を始動して左足を捕手方向に引いて、リリースポイントから軽く足を浮かせて気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを2度上げするタイプで、内への移動も見られます。
インハイが甘いとセンターに叩いてきましたが、上記欠点とクローズの踏み込みなのでコースに決まると厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
低めの縦スラには膝を使ってファーストを強襲してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
足も速く、左腕の変化球の際に盗塁を決めてきました。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、足も絶対的に売りにできるようになれば面白いと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年8月3日掲示板にて寸評)
今枝 優真
(北照)
ライト
178・85
右・右
事前に気になっていましたが、初めて見れましたので感想など。
開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは甘いとレフトスタンドにHRを叩き込んできましたが、コースに決まると厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラはファールでは逃げれますので、脆さは感じなかったです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
守備はイージーなものしかなく、肩とともに不明です。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年8月7日掲示板にて寸評)
樹神 瑠生
(札幌大谷)
ショート
175・80
右・左
甲子園では良いところが無かったですが、予選では打ちまくっていたので予選の模様から感想など。
大きく開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントの後から軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドのサンプルが無く肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
予選では変則左腕のスライダーはセンターに叩いてきましたし、甘くなると引っ張って捉えてきます。
予選では外のストレートは左中間を突破してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
守備は予選でもイージーなものしかなく、詳細は不明です。
足は遅くないですが、左腕のストレートの際に走って刺されていましたので、現状売りにできるほどではないようです。
という事で、甲子園と同様に予選でも1試合だけさっぱりな試合がありましたが、技術的には悪くないですので試合での集中力を高めてどんな投手からもコンスタントに打てるようになり、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年8月27日掲示板にて寸評)
佐々木 涼斗
(札幌大谷)
捕手
178・78
右・右
予選の模様も合わせて感想など。
開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点とクローズの踏み込みなので当然詰まってしまいます。
ただ予選ではインハイが甘くなるとレフト線に長打を放ってきましたので、グリップの内への移動を緩和すれば捌けるようになると思います。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って軸足を後ろに引くタイプです。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
予選ではやや低めの縦スラに対して膝を使って引っ張って捉えてきました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、前に大きく弾いたケースも見られました。
予選ではセカンドランナーを牽制で刺してきましたし、甲子園ではファーストへの牽制を見ましたが地肩は良いと思います。
また予選ではホームベース付近の地面を手で均していましたが、繊細さはあるタイプです。
という事で、甲子園では不完全燃焼に終わってしまいましたが、良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、捕手としても1ランク成長できれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年8月27日掲示板にて寸評)

青森

氏名 身長・体重 コメント 将来性
中沢 恒貴
(八戸学院光星)
ショート
178・76
右・右
予選でもちょこっと見ていましたが、甲子園できちんと見てみましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップの内への異常な移動が見られます。
インサイドは詰まりながらパワーでレフトに落としてきたケースも見られましたが、上記欠点とクローズの踏み込みなので当然詰まってしまいます。
先輩の巨人で活躍している坂本が上記悪癖ながらもインサイドに強いと言う、唯一無二の例外の打者(坂本以外の選手ではこの悪癖ではインサイドを打てない)であると言う事を理解したいものです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
追い込まれた後の外のストレートはライトに軽打してきます。
外の甘いチェンジアップはセンターに叩いてきます。
甘い縦スラは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですが、スローイングの精度は上げたいものです。
という事で、正直期待したほどではなかったですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正していければ化けれるかもしれません。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月3日掲示板にて寸評)

岩手

氏名 身長・体重 コメント 将来性
千葉 柚樹
(花巻東)
サード
181・75
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを体に近く耳よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者で、内への移動も見られます。
インサイドには現状手が出ないようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りの縦スラはライトに叩いてきましたし、甘い縦スラは引っ張り込んでレフト線に長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くはないものの、売りにできるのかどうかは不明です。
守備機会は1回しかなかったので詳細は不明です。
と言う事で、一冬超えてレギュラーとなったようですが、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月3日掲示板にて寸評)
佐々木 麟太郎
(花巻東)
ファースト
183・117
右・左
明治神宮の模様も見てみましたので合わせて感想など。
軽く開いて、グリップを体に近く耳の高さにセットし、グリップを上下させながら、投手が腰を落としたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
145`のインサイドのストレートにはドン詰まりのポップフライでした。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早く、膝も開きがちとなって、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
明治神宮では外寄りのストレートは引っ張り込んで右中間にHRを叩き込んで来ましたし、外寄りの高めの完全なボール球に対しては高々と上がってライトにHRを叩き込んできます。
明治神宮では低めのカーブに対しては膝を使って左中間を突破してきました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいますし、高めのボール球に対して何度も手を出して空振りしていました。
振り切ってくるスイングは迫力がありますが、140`台のストレートに振り遅れていたのは気になります。
足は売りには出来ないようです。
守備もファースト限定の選手なんだと思います。
と言う事で、手術明けだったのも不完全燃焼した原因だとは思いますが、確かに打撃には良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、長打力に磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月21日掲示板にて寸評)

福島

氏名 身長・体重 コメント 将来性
三好 元気
(聖光学院)
ライト
174・73
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップの内への移動が見られます。
インサイドには上記欠点とクローズの踏み込みから当然詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めのチェンジアップには膝を使ってはきたものの現状拾えるほどではないようです。
左腕の外のカーブは右中間を突破してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
ヘッドを立てて振り切ってくるスイングは中々です。
足は速い方ですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですし、肩もよさそうです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ騒がれるようになると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月7日掲示板にて寸評)

選抜でも感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを耳よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者で、内への移動は許容範囲外の場合と許容範囲内の場合が混在するタイプです。
インサイドは左腕のスライダーは甘いと引っ張ってきましたし、内への移動が許容範囲内の場合には厳しいコースに来たストレートも引っ張ってきますし、インハイを左中間突破もしてきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラが甘くなると左中間にHRを叩き込んできます。
左腕のやや低めの変化球はセンターオーバーの長打も放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備範囲はイージーなものしかなく今回は良く分からなかったですが、肩は良かったです。
という事で、インサイドはグリップの内への移動をしていては打てないと言う事は理解してきたようなのは非常に好感でしたので、低目の変化球を下半身で粘って拾えるようになって、足も売りにできるようになればプロの扉が開くと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月24日掲示板にて寸評) 
中 一樹
(聖光学院)
セカンド
176・74
右・右
選抜で出場していたのかどうかも覚えていない選手でしたが、今回は気になりましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを体から離して顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者で、内への移動は許容範囲外っぽいです。
インサイドは左腕のスライダーが甘くなるとレフトフェンス直撃弾を放ってきましたし、ストレートが甘くなるとレフトにHRを叩き込んできましたし、ライトに押っ付けてきたケースも見られましたし、インローのコースに決まった球威の無いストレートは引っ張っても来ましたので、グリップの内への移動を緩和できれば確実に捌けるようになると思います。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
やや低めの縦スラは膝を使ってセンターに拾ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったです。
という事で、かなり成長したのでしょうが、今後徐々に欠点を矯正していき、足も売りにできるようになれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月24日掲示板にて寸評)

宮城

氏名 身長・体重 コメント 将来性
尾形 遥翔
(仙台三)
ライト
169・63
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところからつま先を立てて行き、リリースポイントから軽く足を浮かせてクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは上記欠点とクローズの踏み込みなので詰まってしまいますが、甘くなると引っ張れるケースも見られました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
縦スラが甘くなるとライトに叩いてきます。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速い方ですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年3月19日掲示板にて寸評)
山田 脩也
(仙台育英)
ショート
176・71
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
膝を折って重心低く、気持ち開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
インサイドは良い当たりのレフトライナーを放ってきましたが、上記欠点とクローズの踏み込みなのでレベルの高い投手のインサイドは厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラに2球空振りした後の3球目を膝を使ってリストワークによって引っ張って捉えてきたのは学習能力の高さです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずですし、リストワークは中々です。
足は速い方ですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備に関してはライナーが2本しか飛ばなかったので巧拙は不明です。
と言う事で、打撃に関しては名門仙台育英で1年の夏に背番号6をつけてのレギュラーだったのも理解できましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ騒がれるようになると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年3月20日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げ始めたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは厳しいインローも引っ張ってきましたし、レフト線に長打も放ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラには膝を使ってリストワークよく拾ってきましたし、左腕のワンバウンドしそうな変化球も膝を使ってセンターに拾ってきます。
外のストレートはライトに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速い方で、隙をついた好走塁もしてきましたし、左腕から三盗も決めてきました。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していましたし、肩も良かったです。
という事で、ここまでは期待通りに成長していましたので、冬に更に技術に磨きをかけていければ自然とプロの扉が開くと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月26日掲示板にて寸評) 
橋本 航河
(仙台育英)
センター
172・69
左・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、投手が腰を落とし切った後から足を上げて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲内の場合と許容範囲外の場合が混在しています。
許容範囲内の場合にはインハイのストレートを引っ張ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはレフトからセンターに確実に叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
左腕のスライダーはセンターに叩いてきます。
スプリットが甘いと右中間を突破してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
足は速く、セーフティーバントも決めてきましたし、左腕からディレードスチールも決めてきます。
という事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、足も確実に売りにできるようになり、肩が良いのであれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月27日掲示板にて寸評)
尾形 樹人
(仙台育英)
捕手
180・81
右・左
バーチャルでも見ていましたが、甲子園でも見れましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて大きく回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りの低めの縦スラには膝を使って引っ張って捉えてきます。
外のストレートはレフトオーバーの長打を放ってきます。
左腕のスライダーは引っ張って捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが安心感はないです。
肩は良かったです。
という事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、捕手としても1ランク成長できれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月26日掲示板にて寸評)

栃木

氏名 身長・体重 コメント 将来性
長田 悠也
(國學院栃木)
ショート
182・81
右・右
知らない選手でしたが、かなり気になりましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、左足のつま先を立てて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げてまた上げて、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドは肘を畳んで確実に引っ張ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
スプリットはセンターの正面をついてしまいましたが中々の良い当たりを放ってっきます。
外の縦スラはライトに拾ってきましたし、縦スラが甘くなると左中間を突破してきます。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは切れがあります。
足は遅くないですが、変化球の際にもストレートの際にも走って刺されていましたので、現状売りには出来ないようです。
初戦は、守備の動きは良かったですが、スローイングが緩くイップスなのかな?と思っていましたが、その後の試合ではイレギュラーにも瞬時に対応してきましたし、肩も良いのは確認。
という事で、今大会でかなり評価を上げたと思いますので、打撃技術に更に磨きを掛けて行き、足も売りにできるようになれば非常に面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月15日掲示板にて寸評)

埼玉

氏名 身長・体重 コメント 将来性
金田 幸大
(西武台)
サード
173・75
右・左
1年生の5番打者です。オープンスタンスに構え、グリップは耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングをとり、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。ヒットにはなりませんでしたが、スイングや打球も速く当て勘が良さそうでした。それ以上に守備の反応が良く、肩も強く送球も安定しておりショートも出来そうかなと。秋以降の活躍に期待したいです。
(21年7月 nobさん情報)
高野 壮瑠
(山村学園)
ショート
172・73
右・右
クローズスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。長打力はないですが、当てるのは上手く体が作られると強い打球も増えていきそうです。守備は一歩目が早く、守備範囲も広いですし、準備が出来ていましたし、2,3年を含めても守備だけなら県トップの選手と言っても過言ではないかと。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(21年8月 nobさん情報)
齋藤 陽貴
(昌平)
捕手
177・73
右・両
オープンスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。左打席だけでしたが、3方向に巧みに打つ打撃に、捕手としても強肩でリードセンスの高さも光っていました。来年以降の埼玉では注目される捕手の一人となっていきそうです。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
金子 晄也
(昌平)
ショート
176・75
右・左
気持ち開き気味に構え、グリップは耳後ろにセットし、ヘッドを回しながらタイミングを計り、投手が足を上げるより遅く足を上げ踏み込むスタイルです。広角に打てる打者で、守備もエラーがあったものの守備範囲の広さ故で、動きは軽快でした。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
鈴木 漣
(狭山ヶ丘)
捕手
171・69
右・右
4番打者です。スクエアスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを前に寝かせ、投手が足を上げると同時に踵を上げ踏み込むスタイルです。小柄ですが、速球を左中間へホームランにするなど長打力に秀でており、捕手としてもしっかりリズムを作っていました。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
鈴木 蒼生
(山村国際)
センター
175・73
右・右
4番打者です。スクエアスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。4番ですが、変化球、速球を広角に上手く打てる打者で足も速かったです。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
駿河 咲希也
(上尾)
ファースト
170・83
右・右
スクエアスタンスに構え、グリップは耳後ろにセットし、ヘッドを前に寝かせ、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。1年秋から4番で甘い球を逃さない鋭さを持っており、長打力もあります。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
見方 駿平
(狭山清陵)
捕手
177・86
右・右
2年生の4番打者です。スクエアスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。長打力があり、スイングの鋭さはチームでも抜けており、捕手としても非凡なものを感じます。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
井上 尚之
(狭山清陵)
セカンド
182・80
右・右
スクエアスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを回しながらタイミングを計り、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。大きい選手ですが、セカンドの動きも機敏で長打力があります。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
伊藤 悠哉
(春日部共栄)
捕手
173・75
右・右
スクエアスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。プロも注目している捕手との事で、コーナーワークの良さは光っていました。打力が上がってくると楽しみで、秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
蓮寶 悠人
(浦和麗明)
ライト
175・65
右・左
3番打者です。オープンスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に軽く足を上げ踏み込むスタイルです。チャンスに強い選手で、広角に打ち分けるのが上手いです。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
田島 翔大
(市立川越)
捕手
175・90
右・右
オープンスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に踵を上げ踏み込むスタイルです。6番を打つ事が多いですが、レフトへのホームランなど一発長打を秘めており、好リードも光っていました。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月nobさん情報)
南 創太
(市立川越)
センター
178・68
左・左
1番打者です。オープンスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。バット今ロール良く広角に打ち分けるのが上手く、右中間、左中間の間を抜いてきます。足も速く守備範囲も広かったです。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月nobさん情報)
畠山 敦志
(市立川越)
ライト
166・70
右・左
小柄な3番ですが、この夏打ちまくっていました。スクエアスタンスに構え、グリップは首の後ろあたりにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が足を上げると同時に大きく足を上げ踏み込むスタイルです。独特ですが、タイミングを取るのが上手くチャンスに強かったです。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月nobさん情報)
柴田 樹
(花咲徳栄)
捕手
178・77
右・右
2年生の4番打者です。クローズスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。選球眼があり、低めも上手くさばいてきます。レフト方向が多くホームランやレフトフェンス直撃の長打も連発していました。肩は強いですが、リード面はまだこれからかと。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
増田 空
(花咲徳栄)
ファースト
178・72
右・左
オープンスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げるより速く足を上げ踏み込むスタイルです。センターから左に強い打球がいくタイプです。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
新井 大貴
(花咲徳栄)
ショート
178・79
右・左
オープンスタンスに構え、グリップはへその高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が足を上げる前に腕と足を上げ踏み込むスタイルです。フォーム的には西川(西武)や韮澤(広島)と同じような腕でリズムを取るような感じのフォームです。広角に打てるタイプですが、打球が上がらない感じには見えます。守備は動きは良いですが、トンネルと言うかたまに打球がグラブの下にすり抜ける感じで打球処理が甘い時があります。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
齊藤 海
(花咲徳栄)
センター
168・68
右・左
スクエアスタンスに構え、グリップは耳の高さにセットし、ヘッドを寝かせ、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。この夏は.500以上とチームで一番ヒットを打っており、広角に打てますし、高めや膝元の直球を長打やホームランにするなどバットコントロールにも優れています。守備は一歩目がやや緩い印象でしたが、足は速いです。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)

神奈川

氏名 身長・体重 コメント 将来性
緒方 漣
(横浜)
ショート
169・69
右・右
事前に少し気になっていましたが、初めて見た感想など。
気持ち開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インローが甘くなるとセンターに叩いてきましたし、左腕のスライダーは引っ張ってきましたし、甘くなるとレフトスタンドにサヨナラHRを叩き込んできます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
左腕の外のカーブはセンターに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
シャープに振り切ってくるスイングはまずまずです。
送りバントを失敗したケースもありましたが、タイプ的にバントは一発で決めたいものです。
足は速い方ですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、足も売りにできるようになれば面白いと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年9月9日 掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんでクロースに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドはクローズの踏み込みなので詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のチェンジアップは右中間に拾ってきます。
外のやや低めの縦スラに対しては膝を使って右中間に拾ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
シャープに振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました
という事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、足も売りにできるようになれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月9日掲示板にて寸評) 
森 柊介
(武相)
ライト
?・?
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、かなりの内への移動が見られます。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったものの、厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の高めのストレートはセンターに叩いてきましたし、外の低めのストレートは右中間を突破してきました。
落ちるボールのサンプルがなかったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはフォロースルーは大きくないもののまずまずだったと思います。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ大化けすると思います。
まずは夏に期待したいものです。
(2022年1月15日掲示板にて寸評)
田上 優弥
(日大藤沢)
ショート
180・76
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
スクエアに構えて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし切ったところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドにはクローズの踏み込みから詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
低めのカーブは引っ張って捉えてきます。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
大きくイレギュラーしても瞬時に反応してくるグラブ捌きに、流れるようなフットワークも良く、スローイングも良い華麗なる守備は必見です。
と言う事で、中々良いものを持っていましたので、今後インサイドを捌けるようになって、足も売りにできるようになれば物凄く騒がれるようになると思います。
まずは夏に期待したいものです。
(2022年1月26日掲示板にて寸評)
美登 祐介
(平塚学園)
ショート
171・60
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドは甘いと引っ張れるようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラにやられた次の打席では狙って拾ってくるのは学習能力の高さ。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良く守備範囲は広く、スローイングも中々良かったです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、足も売りにできるようになれば面白いと思います。
まずは夏に期待したいものです。
(2022年1月28日掲示板にて寸評)
百崎 蒼生
(東海大相模)
ショート
178・73
右・右
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
気持ち開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドはクローズの踏み込みから詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
低めの縦スラは引っかけてしまいましたが、甘いと引っ張って捉えてきます。
外のストレートはセンターオーバーの長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
シャープに振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速いですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備機会は少なくイージーなものしかなかったですが、堅実に処理していました。
と言う事で、確かに大器の片鱗は伺えましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、足も売りにできるようになれば面白いと思います。
まずは夏に期待したいものです。
(2022年1月30日掲示板にて寸評)

東東京

氏名 身長・体重 コメント 将来性
千葉 輝夏
(日体荏原)
セカンド
166・66
右・右
スクエアスタンスに構え、グリップは耳の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に軽く足を上げ踏み込むスタイルです。小柄な3番打者ですが、非常に攻守に動きが良く、打撃では右中間左中間と上手く打ち分け長打力を発揮し、守備でも守備範囲の広さが目立ちました。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
稲垣 渉
(帝京)
センター
178・78
右・左
昨夏からレギュラーの選手です。オープンスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。甘いカーブは強烈に引っ張ってきますし、長打力もあります。守備は広く、昨年よりも体格はかなりがっしりした印象です。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)

西東京

氏名 身長・体重 コメント 将来性
木津 寿哉
(國學院久我山)
ライト
180・73
左・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを2度上げするタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘の畳み方が甘く詰まってしまいますが、甘いと引っ張れるようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは現状拾えないようです。
外の高めのツーシームは引っ張り込んで右中間を突破してきました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは切れがあります。
守備はイージーなものしかなく、肩とともに不明です。
足は速くストレートの際に盗塁を決めてきましたし、バントヒットも決めてきます。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、肩も良いのであれば面白いと思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月27日掲示板にて寸評)

山梨

氏名 身長・体重 コメント 将来性
岳原 陵河
(山梨学院)
ライト
187・82
右・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントの前くらいから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを2度上げするタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インローのコースが甘くなると引っ張れるようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の甘い高めの縦スラはレフトオーバーの長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くはないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなく、肩とともに不明です。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年8月22日掲示板にて寸評)

岐阜

氏名 身長・体重 コメント 将来性
米津 煌太
(大垣日大)
ショート
174・78
右・右
事前には注目していなかったですが、気になりましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
インサイドはファールにはなったものの引っ張れるケースも見られました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んでレフトオーバーの長打を放ってきます。
外寄りのカットボールは引っ張り込んで捉えてきます。
縦スラは拾えないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備機会がほとんどなかったものの、セカンドが弾いた打球に瞬時に反応してサードで走者を刺してきたプレーは中々でした。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月11日掲示板にて寸評)

石川

氏名 身長・体重 コメント 将来性
斉賀 壱成
(星稜)
ショート
172・70
右・右
知らない選手でしたが、少し気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、かなりの内への移動が見られます。
インローの120`台のストレートならレフトオーバーの長打を放てるようですが、上記欠点とクローズの踏み込みなのでドン詰まるケースも見られました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
変則派の外のスライダーは引っ張り込んで左中間を突破してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月22日掲示板にて寸評)

和歌山

氏名 身長・体重 コメント 将来性
中塚 遥翔
(智辯和歌山)
ライト
178・87
左・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを耳よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントから軽く足を浮かせてクローズに踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは空振りしていましたが、本来の物は分からず。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
左腕のカーブは咄嗟に溜めて引っ張って捉えてきます。
外の145`を計測したストレートはセンターに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くもないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなく、肩とともに不明です。
という事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月8日掲示板にて寸評)

広島

氏名 身長・体重 コメント 将来性
河野 優輝
(新庄)
ファースト
181・79
右・右
知らない選手でしたが、驚きましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
1年生ですので仕方がないですが、膝を引き上げるタイミングが一定しないのは気になりました。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内だったり許容範囲外だったりとこちらも一定していないです。
グリップの内への移動が許容範囲内の場合には、やや詰まりながらもインサイドのストレートをセンターに叩いてきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
落ちるボールのサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは1年生にしては中々だと思います。
守備は無難にこなしていましたが、別のポジションが守れるようになりたいものです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
と言う事で、新庄の歴代の打者の中では抜けたNO1の資質だと思いましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月22日掲示板にて寸評)
真鍋 慧
(広陵)
ファースト
189・91
右・左
明治神宮の模様と合わせて感想など。
気持ち開いてから右足を捕手方向に引いてつま先を立てて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドが揺らぎ、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんで気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドは選抜ではサンプルが無かったですが、明治神宮ではインハイが甘くなると強烈に引っ張ってきましたし、インサイド寄りにきた左腕のスライダーはライトにライナーでHRを叩き込んで来ました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきましたし、明治神宮では左中間フェンス直撃弾を放ってきます。
縦スラが甘いと引っ張って捉えてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
軟投派の左腕のスライダーは4打席目には左中間に叩いて来ました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですので、別のポジションが守れると思います。
と言う事で、高校野手BIG3の中では現状長打力は一番劣るとはいえ、今後打球に角度をつけれるようになっていければ率も残せる高校NO1スラッガーと呼ばれるようになると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月19日掲示板にて寸評)
田上 夏衣
(広陵)
レフト
175・76
右・左
明治神宮の模様と合わせて感想など。
開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントの前くらいから軽く足を浮かせてアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りのストレートは引っ張り込んでライトオーバーの長打を放ってきます。
外のストレートはレフトに叩いてきます。
選抜では軟投派の左腕に翻弄されており左腕は苦手なのかな?と思いましたが、明治神宮では左腕のスライダーを拾って右中間を突破してきましたので苦手ではないと思います。
明治神宮では縦スラはセンターに叩いて来ました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなく、肩とともに不明です。
と言う事で、打撃には良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月19日掲示板にて寸評)

島根

氏名 身長・体重 コメント 将来性
今泉 秀悟
(石見智翠館)
サード
172・80
右・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
アウトハイの140`台のストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
縦スラは甘くなるとセンターに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
シャープに振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くはないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、基本に忠実な打撃は好感でしたので、今後更に技術に磨きを掛けて行き、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年9月26日掲示板にて寸評)
波田 瑛介
(浜田)
投手 
176・68
左・左
知らない選手でしたが、打撃がかなり気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の高めのストレートはレフトスタンドにHRを叩き込んできます。
外寄りの縦スラは上手く引っ張り込んでライト線に長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
ツイストっぽいシャープに振り切ってくるスイングは中々面白かったです。
足は速いですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備もイージーなものしかなく、守備範囲は不明ですが、投手として130`ちょっとくらいのストレートを投げていましたので地肩は良いのでしょうが、刺せる肩なのかどうかは不明です。
という事で、将来性は間違いなく打者だと思いますので、今後徐々に欠点を矯正していき、インサイドが捌けるのであれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月15日掲示板にて寸評)

愛媛

氏名 身長・体重 コメント 将来性
佐久間 柊希
(松山学院)
ファースト
173・66
右・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りの低めのストレートは膝を使って引っ張り込んで捉えてきます。
緩いカーブに対しては咄嗟に下半身で粘ってセンターに拾ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くはないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備は無難にこなしていましたが、別のポジションが守れるようになりたいものです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な武器を習得できれば化けれると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年2月25日掲示板にて寸評)
合田 慶太朗
(川之江)
ファースト
176・89
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点から詰まってしまいますが、甘くなるとおっつけてライトに叩いてきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めのカーブには下半身で粘って引っ張って捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は無難のようです。
守備の動きは良かったですので、別のポジションが守れるようになりたいものです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な武器を習得できれば面白いと思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年2月22日掲示板にて寸評)

福岡

氏名 身長・体重 コメント 将来性
梅田 達矢
(柳川)
サード
?・?
右・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップをお腹の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘を畳んで引っ張れます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートは強烈な投手ライナーを放ってきます。
落ちるボールのサンプルがなかったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはキレがあります。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備機会はほとんどなかったですが、スクイズの打球処理の動きは良かったです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
まずは夏に期待したいものです。
(2022年1月8日掲示板にて寸評)
山田 賢郎
(真颯館)
ショート
?・?
右・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲内です。
インサイドは甘いとセンターに叩いてきました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
左腕のコースの甘い低めのスライダーはセンターに打ち返してきます。
外のストレートはレフトに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは非力感は否めないですがまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは非常に良かったですし、スローイングはかなり安定していました。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、足も売りにできるようになれば面白いと思います。
まずは夏に期待したいものです。
(2022年1月10日掲示板にて寸評)
佐倉 侠史朗
(九州国際大付)
ファースト
182・104
右・左
選抜では良く分からなかったので、明治神宮も見てみましたので合わせて感想など。
膝を折って重心低く、気持ち開いて、グリップをヘルメッドよりも上の高さにセットし、シンクロ等特に見られず、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の高めのストレートはセンターに叩いてきますし、明治神宮では外寄りの高めのボール球のストレートを右中間にHRを叩き込んで来ました。
カーブはレフトに叩いてきますし、縦スラが甘くなると引っ張って捉えてきますが、明治神宮では低めの縦スラは拾えなかったです。
左腕の低めのスライダーには厳しいようですが、明治神宮では左腕のカーブはセンターに叩いて来ました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は売りには出来ないようです。
守備も無難にこなしていましたが、ファースト限定の選手なのだと思います。
と言う事で、確かに打撃には良いものは持っていましたので、今後欠点を矯正していき長打力に磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年4月17日掲示板にて寸評)

大分

氏名 身長・体重 コメント 将来性
那賀 球道
(臼杵)
サード
175・83
右・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントから軽く足を上げて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りのストレートは引っ張り込んでセカンド正面の痛烈なライナーを放ってきます。
甘いカーブはライトスタンドにHRを叩き込んできました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は良く分からず。
ポロっとしたりもありましたが守備の動きは悪くなかったですが、スローイングの精度は上げたいものです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な武器を習得できれば大化けすると思います。
まずは夏に期待したいものです。
(2022年2月8日掲示板にて寸評)

宮崎

氏名 身長・体重 コメント 将来性
田原 大聖
(小林秀峰)
ショート
?・?
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
膝を適度に折って、気持ち開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
外のストレートは右中間を突破してきました。
やや低めの縦スラに対しては、下半身で粘ってサードのファインプレーにあったものの引っ張って捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良く、スローイングも安定していました。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは夏に期待したいものです。
(2022年5月6日掲示板にて寸評)

1年

宮城

氏名 身長・体重 コメント 将来性
三浦 広大
(聖和学園)
センター
180・69
右・左
知らない選手でしたが、バーチャルで見ていましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げるヒッチ打者で、内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の低めのストレートはセンターからレフトに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで右中間を突破してきます。
やや低めの縦スラはリストワークによってセンターに拾ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速いですし、変化球の際に盗塁を決めてきます。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
という事で、面白いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、足も絶対的に売りにできるようになって、肩が良いのであれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年10月1日掲示板にて寸評)

埼玉

氏名 身長・体重 コメント 将来性
今野 慎之介
(浦和麗明)
レフト
175・61
左・左
1年生の1番打者です。オープンスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に足を上げ踏み込むスタイルです。バットコントロールが良く、小技、スピードも秀でており、細身ですが、かなり気になりました。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月 nobさん情報)
神杉 勇波
(西武台)
ライト
178・63
右・左
オープンスタンスに構え、グリップは耳の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が足を上げると同時に踵を上げ踏み込むスタイルです。練習試合の好調を買われベンチ入り、スタメンを果たしましたが、スピード感あるプレースタイルが特徴で、センター中心に上手く打ち返します。秋以降の活躍に期待したい選手です。
(22年8月nobさん情報)

東東京

氏名 身長・体重 コメント 将来性
片井 海斗
(二松学舎大付)
ファースト
175・97
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんで踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲内です。
インサイドは甘くなると左中間にHRを叩き込んできます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の低めのストレートは膝を使ってセンターオーバーの長打を放ってきます。
外のストレートはライトに叩いてきます。
外の縦スラの際に腰が引けがち&踵体重気味になるのは気になりました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は無難のようです。
守備も無難にこなしていましたが、別のポジションが守れるようになりたいものです。
という事で、1年生で4番を打っている資質は伺えましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年9月17日掲示板にて寸評)



HOME