大学4年生の逸材

北東北大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
須田 優真
(聖光学院−富士大)
ファースト
182・88
右・右
高校でも何となく見た記憶は残っていますが、大学では初めて見た気がしますが感想など。
開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から下半身を始動してホーム方向につま先をついて、投手が腰を落とし切ったところから足を上げて踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点から詰まってしまいましたが、その後の打席でグリップの内への移動を緩和してサードのファインプレーに合ったもののインハイのストレートを強烈に引っ張ってきました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは右中間にライナーでHRを叩き込んできます。
落ちるボールのサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は良く分からなかったです。
守備も無難にこなしていましたが、他のポジションが守れるようになりたいものです。
と言う事で、社会人には行けるようになったと思いますので、社会人で欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年6月14日掲示板にて寸評)

仙台六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
笹渕 勇武
(佼成学園-東北大)
外野手
右・右
175・72
高校時代は秋に都大会準優勝、大学では1年生からレギュラーです。
オープンスタンスに構えて、グリップを頭の高さにセットして、ヘッドを動かしながら、左投手がセカンド方向を蹴った辺りから足を大きく上げて膝を大きくまわしこんで
(この部分は敦賀気比時代の平沼に似ています)、軽くアウトステップして踏み込む、かなり独特な打法です(これでも去年までに比べたらアクが弱くなりました)。
グリップを下げるタイプで、かなりの内への移動も見られます。
インサイドは詰まるケースが多いですが、肘を上手に畳んでレフト線に運んでくるケースも何度が見たことがあります。
打ちにいく際に、腰の開くタイミングは早く、膝も開きがちに、踏み込んだ足で踏ん張れないケースも散見されます。
縦スラは膝を使って拾ってくるケースも見られますし、左腕の変化球が甘くなると三塁線を破るタイムリーを放ってきます。
外のストレートは右中間を突破してきます。
頭の高さはかなり変わるので、ミスショットも多いです。
振り切ってくるスイングはまずまずですし、見た目以上に打球が伸びるのが特徴的です。
足は速いですし、盗塁や3塁打も多いです。
昨年まではセンターを守っていましたが、正直怪しかった記憶がありますし今シーズンはレフトやライトを守っているので守備範囲は広くなさそうですが、肩は悪くないです。
ちょっと天才肌というか感性で野球をやっている印象が強いですが、ラストイヤーも活躍に期待したい選手です。
(22年4月 リシアンサスさん情報)

南東北大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
小林 龍憲
(作新学院−
東日本国際大)
セカンド
172・76
右・左
高校時代に多分見た事があるのでしょうが覚えていなかったですが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイド寄りのやや低めの変化球は上手く拾ってライトスタンドにHRを叩き込んできます。
ただインサイドの140`台のストレートには詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の低めの変化球には下半身で粘って引っ張って捉えてきたケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んでライトスタンドにHRを叩き込んできます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、社会人で欠点を矯正していき、足も絶対的に売りにできるようになれば面白いと思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月18日掲示板にて寸評)
上崎 彰吾
(青森山田−
東日本国際大)
ライト
174・82
右・左
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで(移動距離がデカすぎ)、内への移動も許容範囲外っぽいです。
インサイドには詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りの低めの変化球は引っ張って捉えてきたケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んでライトスタンドと右中間にHRをそれぞれ叩き込んできましたし、外寄りの高めのボール球のストレートは引っ張り込んでライトスタンドにHRを叩き込んできます。
甘い左腕のスライダーはライトスタンドにHRを叩き込んできます。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
甘いスプリットは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くないですが、ストレートの際に走ってギリギリ刺されていましたので、現状売りには出来ないようです。
守備範囲は広かったですし、肩も良かったです。
と言う事で、無名の選手にしては中々良いものを持っていましたし、大会新記録の4HRと言うのも持っている選手だと思いますので、夏にヒッチの部分を少し矯正してインサイドをきちんと捌けるようになれば面白いと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月19日掲示板にて寸評)

関甲新大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
小山 恵
(佐久長聖−上武大)
捕手
185・93
右・右
高校時代以来に見れましたので感想など。
軽く開いて、グリップを体に近く耳よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
構えで背中が硬そうな部分は気になります。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
甘い縦スラは左中間にHRを叩き込んできました。
低めの変化球に下半身で粘って対応できるのかどうかはサンプルが無く不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、後ろに逸らしたケースも見られましたが、ものすごい勢いで後ろに逸らしたボールを追いかける姿は好感です。
肩に関しては、サイド気味から投げるのは気になりますが、かなり良かったです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正していれば化けれると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月14日掲示板にて寸評)

東京新大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
門脇 誠
(創価−創価大)
ショート
171・80
右・左
大学では初めて見れましたので感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
コースに厳しく決まったインサイドのカットボールは、ファールにはなったものの肘を畳んで引っ張ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りの低めのストレートはセンターフェンス直撃弾を放ってきます。
縦スラが甘くなるとショートへの痛烈なライナーを放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速い方ですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、グラブ捌きも良かったですし、肩も良いのですが、スローイングの精度は上げたいものです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していましたので、冬に打撃技術に更に磨きを掛けており、足も売りにできるようになっていれば騒がれると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月9日掲示板にて寸評)

東京六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
下山 悠介
(慶応−慶応大)
サード
176・81
右・左
大学でも何度か見てきましたが成長しつつありましたので感想など。
開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者で、内への移動は許容範囲外っぽいです。
インサイドは甘いとライト線に長打を放ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはレフトに叩いてきます。
縦スラは甘いとレフトに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んでライトにサヨナラHRを放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるほどではないようです。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していましたが、サードタイプではないのでセカンド辺りを守れるようになりたいものです。
と言う事で、徐々に良くはなってきていますので、冬に欠点を矯正しており、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月26日掲示板にて寸評)
萩尾 匡也
(文徳−慶応大)
レフト
180・84
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは上記欠点から詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
サイドスローのスライダーは引っ張り込んで捉えてきます。
やや甘い外の縦スラはバットの先っぽで左中間にHRを叩き込んできましたが凄いパワーだと思いますし、外の低めの縦スラには膝を使ってセンターに拾ってきます。
外の高めのカットボールは右中間を突破してきます。
外のストレートはバスターエンドランでライトにHRを叩き込んできました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くないですし、セーフティーバントを決めてきましたし、すきを突いた好走塁もしてきます。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、後はインサイドを欠点を矯正してきちんと引っ張れるようになれば上のステージの扉が開くと思いますので、先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月28日掲示板にて寸評)
山田 健太
(大阪桐蔭−立教大)
セカンド
183・85
右・右
大学では初めて真面目に見てみましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを胸よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りの低めのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
落ちるボールの良いサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って下半身で粘って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングにはキレがあります。
足は遅くはないですが、売りにできるほどではないようです。
守備の動きは悪くないですが、守備範囲が物凄く広いわけではないようです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、インサイドを捌けるようになって落ちるボールにも下半身で粘って拾える事を実戦で示し、打撃以外にも何か絶対的な売りを作れれば次のステージの可能性が高まると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月29日掲示板にて寸評)
蓑尾 海斗
(日南学園−明治大)
捕手
174・83
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドは引っ張れます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
カットボールが甘いとセンターに叩いてきます。
縦スラが甘くなると右中間を突破してきます。
低めの変化球は見極めれますが、拾えるほどではないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、安心感はないです。
肩は良いですが、コントロールの精度は上げたいものです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、夏に欠点を矯正していき捕手としても1ランク成長できれば可能性はあると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月10日掲示板にて寸評)

東都大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
奈良間 大己
(常葉菊川−立正大)
ショート
174・74
右・右
どうしようか迷いましたが、2部に落ちてしまいしばらく見れなさそうなので現状の感想など。
略スクエアに構えて、グリップを顎より上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
インサイドには肘の畳み方が甘くドン詰まっていました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラに関しては野手の正面に飛んでしまいましたがミートしてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは相変わらずキレがありますが、インパクトで腰を跳ね上げてしまうのは気になります。
守備の動きは非常によく、スローイングも安定していましたし、肩も良いです。
足は速いですが、売りにできるのかどうかは不明です。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に打撃の欠点を矯正していき、足も絶対的に売りにできるようになれば騒がれるようになると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月12日掲示板にて寸評)
大越 弘太郎
(健大高崎−
亜細亜大)
サード
178・76
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
スクエアに構えて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
インサイドは肘を畳んで引っ張れるケースも見られました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のコースに決まったカットボールはライトに叩いてきます。
外寄りの低めの縦スラを、下半身で粘って左手一本で引っ張って捉えてきたケースも見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速いですし、ストレートの際に盗塁を決めてきましたし、隙を突いた好走塁もしてきます。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、素材としては高校時代から定評がありましたが、大学での実績には乏しいですので、社会人で経験を重ねて足を絶対に失敗していけない場面でも盗塁を決めれるように進化させればプロに行けると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月22日掲示板にて寸評)
田中 幹也
(東海大菅生−
亜細亜大)
ショート
166・64
右・右
大学では初めて真面目に見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インハイはクローズの踏み込みから詰まってしまいましたが、インローは引っ張れます。
またインサイドのシュートはセンターに押っ付けてきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラが甘くなると左中間を突破してきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで左中間を突破してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
送りバントは一発で決めてきます。
足は速く、強肩捕手から3盗を決めてきます。
守備の動きは相変わらずかなり良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、期待した成長曲線にはまずまず達していましたが、小柄で且つ潰瘍性大腸炎と言う病気も抱えていますので連戦になると疲労がたまってきているのが見て取れましたのでこの部分をスカウトがどう評価するのかでしょうね。
秋に期待したいものです。
(2022年7月24日掲示板にて寸評)

神奈川大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
吉田 賢吾
(横浜商大−
桐蔭横浜大)
捕手
180・93
右・右
高校時代以来に見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
甘いインローの左腕のスライダーはレフトスタンドにHRを叩き込んできましたし、コースに決まった左腕のスライダーも引っ張ってきましたが、140`台中盤超のストレートにはどうかな。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
外の高さの甘いスプリットはセンターに叩いてきます。
頭の高さはあまり変わらないので、甘いボールに対するミスショットは少ない方です。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、安心感はないです。
肩は良いのは知っていますが、どのくらいの精度なのかはサンプルが無く不明です。
と言う事で、打ちまくってはいましたがまだまだ欠点は見られますので、今後徐々に欠点を矯正していき、肩も絶対的に刺せる肩なのであれば面白いと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月17日掲示板にて寸評)
土井 克也
(唐津商−神奈川大)
捕手
180・88
右・右
高校時代に名前は聞いていましたが、初めて見た感想など。
略スクエアに構えて、グリップをお腹の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲内の場合と許容範囲外の場合が混在されています。
インハイの141`が甘くなるとレフト線に長打を放ってきましたし、インローもレフト線に長打を放ってきましたし、厳しいコースに来ても狙って肘を畳んで引っ張れるようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
外のストレートはセンターからライトに叩いてきます。
甘い縦スラはレフトスタンドにサヨナラHRを叩き込んできましたし、低めの縦スラは膝を使ってファールにはなったものの引っ張って捉えてきたケースやセンターに叩いてきたケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
勝負強い打撃が売りだと思います。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、高めのストレートを2度逸らしたケースも見られました。
肩に関しては、サイド気味から投げるのは気になりましたが良いとは思いますが、コントロールの精度は上げたいものです。
と言う事で、打撃にはかなり良いものを持っていましたので、冬に更に技術に磨きを掛けて、捕手としても1ランク成長できれば騒がれるようになると思います。
先ずは春に大いに期待したいものです。
(2022年3月6日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
大きく開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
構えから必要以上に力みが気になりました。
グリップを下げてから上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは力みから詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
フォークボールは拾えなかったですが、昨年は膝を使って低めの縦スラを捕えてもいましたので調子が下降線だったようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバンドは止めてはきましたが弾き方が大きかったですし、後ろに逸らして失点してしまったケースも見られました。
バント処理は素早かったです。
肩はサンプルが無かったですが、昨年見て良いのは知っていますがコントロールの精度が上がったのかどうかは不明です。
と言う事で、今回は調子を落としていたことがすべてだったと思いますが、捕手としての粗さは目につきましたので、夏にもう一度欠点を矯正していき、打撃も必要以上に力まなくなれば指名圏内に入ると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年6月30日掲示板にて寸評) 

首都大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
松下 豪佑
(佼成学園−武蔵大)
ライト
180・80
左・左
高校時代以来に見れましたので感想など。
大きく開いて、グリップを耳よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドのカットボールには詰まってしまったのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは甘いとセンターに叩いてきましたが、低目は拾えるほどではないようですが見極めてはきました。
外のストレートはレフトに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速いですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなく、肩とともに不明です。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な武器を習得できれば大化けすると思います。
春に期待したいものです。
(2022年2月27日掲示板にて寸評)

愛知大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
野口 泰司
(栄徳−名城大)
捕手
180・82
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを体に近く耳よりも上の高さにセットし、バットを寝かせてヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から下半身を始動してホーム方向につま先をついて、投手が腰を落とし切ったところから軽く足を浮かせてアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘を畳んで引っ張れますし、インスラはやや詰まりながらもセンターにタイムリーを放ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは甘いと引っ張って捉えてきましたし、やや低めの縦スラは膝を使って右中間を突破してきましたし、低めの縦スラを空振りした後はファールで逃げて見事に膝を使って引っ張って捉えてきました。
外のストレートはライトオーバーの長打を放ってきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで左中間フェンス最上段に当たる長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、安心感はないです。
肩は低めの変化球の際にコントロール良く刺してきましたが中々です。
と言う事で、信じられないくらい成長していましたので、後は技術に更に磨きを掛けて、リードももっと勉強していければ最高評価でプロ入りは約束されたと思います。
超期待したい選手です。
(2021年7月27日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを体に近く耳の高さにセットし、バットを担いでヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を軽く引き上げてからトンとつま先をついて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
昨年はグリップの内への移動は抑えられていましたが、今年はこの悪癖からインサイドに詰まってしまっていたのは残念。
ただインコースよりのやや低めのスプリットは掬い上げてレフトスタンドにHRを叩き込んできます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
低めの縦スラは拾えなかったですが、やや低めの縦スラは下半身で粘って引っ張って捉えてきたケースも見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、後ろに逸らしたケースも見られました。
肩は良いですし、コントロールも良いですし、刺せる肩だと思います。
と言う事で、打撃に関しては劣化していましたので、夏にもう一度原点に返って技術の見直しを行えば、肩に関してはプロでも売りにできるようになっていましたので、もしかしたら1位指名されるかもしれません。
秋に期待したいものです。
(2022年7月16日掲示板にて寸評) 
★★

関西学生野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
佐藤 海斗
(市尼崎−関学大)
捕手
176・73
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げてまた上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドが甘くなるとレフトスタンドにHRを叩き込んできます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
落ちるボールの良いサンプルがなかったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、安心感はないです。
肩は良かったです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月30日掲示板にて寸評)

関西六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
家田 陸翔
(近江−大商大)
セカンド
178・71
右・左
高校時代から見てはいましたが、良くなっていましたので感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
やや低めのスプリットはセンターに叩いてきます。
左腕のカーブはライトフェンス直撃弾を放ってきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速く、普通のショートゴロをセーフにしてきましたが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなかったですが、堅実に処理していました。
と言う事で、打撃に関してインサイドを捌けるのであれば、後は足を売りにできるようになれば面白いと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月13日掲示板にて寸評)

阪神大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
友杉 篤輝
(立正大淞南−
天理大)
ショート
172・70
右・右
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げていき回しこんで気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドのスピードがないストレートは引っ張れます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
縦スラが甘いと引っ張って捉えてきましたし、センターオーバーの長打も放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
足は速く、セーフティーバントも決めてきましたし、右腕のストレートの際に盗塁を決めてきましたし、左腕の変化球の際に三盗も決めてきます。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していければ面白いと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月22日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者で、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点から詰まってしまいますが、甘いとライトに押っ付けてきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
落ちるボールのサンプルが無かったので、低めの縦スラに膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
送りバントは一発で決めてきます。
守備の動きは中々良かったですし、スローイングも安定していました。
足は速く、変化球の際に強肩捕手からギリギリ盗塁を決めてきました。
と言う事で、インサイドが打てない欠点がありますし、低めの落ちるボールが拾えるのかどうかが分からないのであれですが、守備と足はプロでも売りにできると思いますので今大会で下位指名は確実となったと思います。
指名順位を上げるために、秋の進化に期待したいものです。
(2022年6月16日掲示板にて寸評) 

広島六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
山根 良太
(開星−広島経済大)
ライト
183・88
右・右
高校時代に見た事があるのかどうか覚えていませんでしたが、気になりましたので感想など。
大きく開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを下げてから2度上げするタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは肘を畳んでファールにはなりましたが引っ張ってきましたが、上記欠点とクローズの踏み込みなので一定レベル以上のストレートにはどうかな。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の高めのストレートはセンターに叩いてきます。
カットボールに空振りした後は、低めのカットボールに膝を使ってファールで逃げてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなく詳細は不明ですが、肩は良かったです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月19日掲示板にて寸評)
石伊 雄太
(近大高専−
近大工学部)
捕手
178・84
右・右
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
略スクエアに構えて、グリップを耳よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げ始める所から下半身を始動して左足を捕手方向に引いて、リリースポイントから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲外っぽいです。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラには脆さを露呈していました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいる際には膝をつかないタイプですが、ワンバウンド処理の巧拙は不明です。
肩は噂通り良かったです。
と言う事で、打撃がかなり弱いのですが捕手としては見どころがありましたので冬に欠点を矯正していれば化けれると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月16日掲示板にて寸評)

昨秋も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを耳よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から下半身を始動して左足を捕手方向に引いて、投手が腰を落とし切った後から軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップの内への移動が見られます。
インサイドはドン詰まっていましたし、インスラは詰まりながらショートへの内野安打は放ってきました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラに対しては膝を使えずに拾えなかったですし、脆さは解消できていないようです。
外のストレートは叩きつけてセンターに打ち返してきました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいる際には膝をつかないほうで、ワンバウンドも止めてきます。
評判の肩は良かったです。
足も速いようで、クイックが微妙な投手のストレートの際に盗塁を決めてきました。
と言う事で、完全なるディフェンス型の捕手ですので今のままでは巨人の小林的な感じになってしまいますし、スカウトの評価は真っ二つに割れるタイプと思いますね。
個人的にはプロは時期尚早なので社会人経由が妥当と思いますので、2年後に期待したいものです。
(2022年7月6日掲示板にて寸評) 
杉本 涼
(開星−近大工学部)
ショート
171・73
右・左
高校時代以来に真面目に見てみましたので感想など。
開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、バットを担いでヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から下半身を始動してホーム方向につま先をついて、投手が腰を落としたところから軽く足を上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りの甘い縦スラは引っ張り込んで捉えてきます。
外の縦スラはレフトオーバーの長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
観戦日は打球が飛ばなかったですが、守備が良いのは高校時代に知っています。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月6日掲示板にて寸評)

福岡六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
大上 海璃
(自由ヶ丘−
九州共立大)
サード
178・85
右・左
高校時代に見た事があったかもしれないですが、事前に少し気になっていましたが、初めて見れましたので感想など。
軽く開いてから直ぐに右足を捕手方向に引いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、リリースポイントの前くらいから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りのやや低めの縦スラは投手を強襲してきます。
外のストレートは左中間に叩いてきます。
2打席やられたシンカーに対して3打席目にライトオーバーの長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は無難のようです。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、地方リーグでの打撃成績の片鱗は伺えましたし、打撃に関してはインサイドを捌けるのであれば非常に面白いですので、秋の結果次第では指名圏内に入る可能性もあると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月2日掲示板にて寸評)

九州六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
櫻田 晃生
(真颯館−福岡大)
セカンド
173・74
右・左
大学では初めて見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは甘いと引っ張れるようですが、コースに決まると厳しいと想定します。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはレフトからセンターに叩いてきます。
外の縦スラはレフトに拾ってきましたし、甘くなると右中間を突破してきます。
チェンジアップは苦手のようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
守備範囲は広かったですし、高校時代本職だったショートの守備も上手いです。
足も速く、左腕のストレートの際に盗塁を決めてきましたし、右腕の変化球の際にも盗塁を決めてきます。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、打撃の欠点を矯正していければ大化けしても不思議ではないと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月2日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはレフトに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
縦スラは引っ張って捉えてきます。
左腕のスライダーは引っ張って捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしかなかったですが、堅実に処理していました。
と言う事で、打撃に関してはインサイドを捌けるのであれば面白いですので、夏に打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければひょっとするかもしれません。
秋に期待したいものです。
(2022年7月11日掲示板にて寸評) 

九州地区大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
松山 翔太
(鵬翔−
宮崎産業経営大)
捕手
182・81
右・右
どうしようか迷いましたが、折角見たので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
インサイドには窮屈そうに空振りしていました。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラには膝を使ってセンターフライを放ってきましたが、脆さはないタイプだと思います。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドを止めてはきましたが、大きく弾いたり後ろに逸らしたりしたケースも見られました。
バント処理の動きは機敏でした。
牽制を見ましたが地肩は良いと思いますが、盗塁を真に刺せる肩なのかどうかは不明です。
と言う事で、開幕前には結構噂になっていたものの詳細は良く分からない部分も多かったので何ともあれですが、素材としては良いのは理解できましたので秋までにインサイドを確実に捌けるようになれば面白いと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月25日掲示板にて寸評)