大学3年生の逸材

関甲新大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
進藤 勇也
(筑陽学園−上武大)
捕手
182・86
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドはファールにはなったものの引っ張れますし、左腕のスライダーが甘くなると左中間を突破してきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートは右中間に叩いてきましたし、ライトオーバーの長打も放ってきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んでレフト線に長打を放ってきますし、左中間にHRも叩き込んできます。
左腕の低めのチェンジアップは拾えないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、安心感はないです。
肩は良かったです。
と言う事で、期待した成長曲線に達していましたので、今後更に技術に磨きをかけていければ自然とプロの扉が開くと思います。
期待したい選手です。
(2021年8月1日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドはファールにはなったものの、引っ張れます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
左腕のチェンジアップに対して膝を使ってきたものの拾えなかった次の打席では右中間にきっちり拾ってきましたので学習能力は高いです。
外寄りの縦スラは引っ張り込んで三塁線を突破してきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んでレフト線に長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、安心感はないです。
肩は良いですが、スローイングの精度は上げたいものです。
と言う事で、打撃の技術的な部分ではインサイドをファールにはせずに捌ききれれば大学生としては文句はないですので、スローイングの精度とともに矯正していければ来年自然とプロの扉が開くと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月20日掲示板にて寸評) 
島村 大樹
(大宮東−上武大)
ショート
179・82
右・左
高校時代は投手として寸評しましたが、野手としても成長していましたので感想など。
軽く開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドはファールにはなったものの強烈に引っ張ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
やや低目のスプリットは掬い上げてライトスタンドにHRを叩き込んできます。
低めの縦スラには膝を使ってレフトに拾ってきたケースも見られました。
大会序盤は外のストレートに対して強く叩けずに当てがちでしたが、大会後半となってから140`弱くらいのストレートなら左中間を突破してきたケースも見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、まずまず成長はしていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月22日掲示板にて寸評)

東京新大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
萩原 義輝
(東海大相模−
流通経大)
捕手
180・85
右・左
高校時代以来に見れましたので感想など。
軽く開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、バットを担いでヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルがなかったので肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
変則左腕の外寄りの高めのストレートは引っ張り込んで右中間にHRを叩き込んできました。
落ちるボールの良いサンプルがなかったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さはあまり変わらないので、ミスショットは少ないです。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
右手の隠しが甘いので、ファールチップ対策は出来ていないです。
ランナーがいても膝をつくタイプですが、動きは俊敏で何度もワンバウンドを止めてはきました。
肩は良いですが、コントロールの精度は上げたいものです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、捕手としてもさらに成長できれば面白いと思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月2日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
開いて、グリップを顎の高さにセットし、バットを担いでヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきましたし、右中間にHRも叩き込んできます。
落ちるボールのサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは切れがあります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、安心感はないです。
肩は良いですが、ややショート方向に送球が逸れるのは矯正したいものです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、捕手としても1ランク成長できれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年6月20日掲示板にて寸評) 

東京六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
廣瀬 隆太
(慶応−慶応大)
セカンド
182・91
右・右
高校時代にはピンと来たことがなかったのですが、大学では初めて見れましたので感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
インサイドは詰まってしまいましたが、次の打席ではセンターに押っ付けてきましたし、インハイが甘くなるとバックスクリーン直撃のHRを叩き込んできました。
今後グリップの内への移動をもう少し緩和して、インサイドを引っ張れるようになりたいものです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートは右中間にHRを叩き込んできました。
甘い縦スラは左中間にHRを叩き込んできました。
サイドスローのスライダーはライトに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は遅くなく、ストレートの際に盗塁を決めてきました。
守備の動きは悪くなかったです。
と言う事で、伸びていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月27日掲示板にて寸評)

東都大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
吉川 育真
(岡山理大付−
國學院大)
ファースト
176・73
右・両
知らない選手でしたし結果も出なかったのですが妙に気になりましたので感想など。
右打席は、軽く開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
左腕の外寄りの変化球は引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
左打席は、大きく開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
沈むボールは現状拾えないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速く、左腕のストレートの際に盗塁を決めてきました。
守備は無難にこなしていましたが、多分チーム事情でファーストを守っていたのだと思いますが、本来の守備位置などは不明です。
と言う事で、無名の選手にしては身体能力とセンスは伝わってきましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ化けれると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月24日掲示板にて寸評)

東海地区大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
横井 一樹
(岐阜聖徳学園
−岐阜聖徳大)
センター
180・75
右・右
知らない選手でしたが、かなり気になりましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点とクローズの踏み込みなので、当然詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りの低めのカーブにはやや崩されたものの膝を使って引っ張って捉えてきます。
外のカットボールは投手のグラブをはじいてきましたし、センター正面の良い当たりのライナーも放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速いですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、全くの無名の選手にしては中々良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していきインサイドが捌けるようになり、足も売りにできるようになり、肩が刺せる肩であれば面白いと思います。
今回の貴重な経験を生かして正しい技術を身に着けていければ面白いと思いますので、先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月18日掲示板にて寸評)

関西学生野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
東原 成悟
(福知山成美−近大)
ファースト
179・75
右・右
全く知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めたところから下半身を始動して左足を捕手方向に引いて、投手が腰を落とし切ったところから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内っぽいです。
120`台のインハイのストレートはレフトスタンドにHRを叩き込んできます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラは膝を使って投手を強襲してきます。
外のストレートはライトに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は良く分からなかったです。
代打で守備に就いたのもファーストでしたが、無難にこなしてはいました。
と言う事で、運の良い選手だと思いますが打撃に関しては全国にアピールできましたので、今後打撃技術に更に磨きを掛けて行き、外野を守れるようになれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月5日掲示板にて寸評)

大学2年生の逸材

仙台六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
西村 彰浩
(聖望学園=
東北福祉大)
外野手
右・左
177・77
昨年もかなり気になった選手です。
スタンスはかなり狭く、大きくオープンスタンスに構えて、グリップを胸の高さに構えて、脇でタイミングをとりながら、投手がショート方向を蹴った辺りから足を上げて、
気持ちアウトステップして踏み込みます。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドへの対応力は不明です。
打ちにいく際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られます。
右腕のインスラには空振りをしていましたが、落ちる球や左腕のスライダーへの対応力は不明です。
高めに浮いたスライダーはレフトに長打を放ってきます。
外のストレートはレフトオーバーの長打を放ってきます。
頭の高さはやや変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずで、かなり逆方向を意識しています。
足は中々速いですし、売りの1つです。
守備も外野は全て守れますし範囲も広いですが、肩は不明です。
3拍子すべてレベルアップすれば面白い選手だと思います。
(22年4月 リシアンサスさん情報)

東京六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
宗山 塁
(広陵−明治大)
ショート
175・78
右・左
大学では初めて真面目に見れましたので感想など。
開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げたところから自身も膝を引き上げて行き回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外のストレートはレフトに叩いてきます。
外寄りの高めのストレートは引っ張り込んで右中間フェンス直撃弾を放ってきます。
外寄りのスプリットは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さはあまり変わらないので、甘いボールに対するミスショットは少ない方です。
シャープに振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りにできるのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、順調に成長はしていましたので、インサイドを確実に捌けるようになって、足もそこそこ盗塁できるようになれば自然に上の扉は開くと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月8日掲示板にて寸評)

関西六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
渡部 聖弥
(広陵−大商大)
センター
177・86
右・右
昨年も見た記憶はありましたが、今回も見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは少し甘いと強烈に引っ張ってきましたが、コースに決まると肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
右腕の低めの縦スラは拾えなかったですが、左腕の外寄りのやや低めの変化球はライトフェンス直撃弾を放ってきましたし、膝を使って引っ張って捉えても来ます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感があります。
足は速い方で、左腕のストレートの際にディレードスチールを決めてきます。
守備はイージーなものしかなく、肩とともに不明です。
と言う事で、大分良くなっていましたので、今後さらに技術に磨きをかけていき、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ大化けすると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月13日掲示板にて寸評)

福岡六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
笹原 愛斗
(真颯館−九州共立大)
捕手
180・85
右・右
高校時代以来に見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から下半身を始動してホーム方向につま先をついて、リリースポイントの前くらいから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内っぽいです。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
左腕の外の変化球はセンターに拾ってきます。
外ストレートはセンターに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めてはきましたが、大きく弾いたケースも見られました。
肩は良かったです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、捕手としても1ランク成長できれば大化けしても不思議ではないと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月3日掲示板にて寸評)



HOME