4年生の逸材

北海道大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
伊藤 茉央
(喜多方−
東農大オホーツク)
180・80
右・ 
1年の時も確か見たように思いますが、成長していましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、両腕を高く引き上げて、膝も高く内に引き上げて、ショート方向を蹴って、上体を3塁側に倒して、軸足のクッションを利用して、サイドスローから投げ込んでくる。
左腕の使い方には癖があり、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングが早く、着地も早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、120`台の縦と横のスライダーと、130`台のシンカーは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず伸びていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月31日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を高く内に引き上げて、ショート方向を蹴って、上体を3塁側に倒して、軸足のクッションを利用して、アウトステップして、サイドスローよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、腰が開いて、着地も早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
牽制を入れてきましたが、クイックは微妙です。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、120〜130`台のカットボールと、120〜130`台のシンカーと、100`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月7日掲示板にて寸評) 

札幌学生野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
渡部 雄大
(東海大甲府−
東海大札幌)
178・80
左・左
全く知らない投手でしたが、初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使うタイプですが、引き込みは抑えられています。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの(球を太ももに擦りつけながら引き上げるのが特徴的)、着地が早いので上体も必要以上に遅れて結果的に開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまい、体勢を崩してしまうケースも見られました。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX140`を計測したストレートと、100`台のカーブと、120〜130`台のツーシームと、120`台のカットボールと、120`台のスライダーと、120`台のスプリットは確認。
ストレートは140`を計測したのは1球だけで後は130`台でしたが、ツーシームはプロの打者相手にも通用しそうなボールでした。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、夏にストレートにもっともっと磨きを掛ければ秋の投球次第では指名される可能性が高まると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月1日掲示板にて寸評)

南東北大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
渋谷 祐太郎
(築舘−石巻専修大)
178・82
右・ 
事前に名前は聞いていましたが、初めて見た感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きめなので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`のストレートのみ確認。
ストレートは威力はありましたが殆ど130`台でしたし、開くのでシュート回転しがちでした。
と言う事で、荒削りで投手経験は少ないような感じがしましたが、まずまず良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、絶対的な変化球も2種類習得できれば化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月15日掲示板にて寸評)
水町 辰良
(東海大浦安−
東日本国際大)
182・88
右 
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻っていきながら溜めて、ショート方向を蹴って、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、120`台の縦スラのみ確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、縦スラ以外の絶対的な変化球も習得出来れば化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月17日掲示板にて寸評)

北東北大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
金村 尚真
(岡山学芸館−富士大)
176・82
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、担いで、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、120〜130`台の縦スラと、130`台のスプリットと、90`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月25日掲示板にて寸評)

高校時代から何度も見てきましたが、今回も見れましたので感想など。
太ももが必要以上に更に太くなった気がします。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、担いでスリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝を突っ張って、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
左膝を突っ張る際に膝がめり込む感じなので左膝に異様に負担が掛かっていると思います。
牽制を入れるものの、クイックはイマイチです。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、120`台のパワーカーブと、130`台のスプリットと、偶に100`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
性格的には物凄く気が強いとは思えなかったですが、淡々と試合を作るタイプで喜怒哀楽は表に出さないタイプのようです。
と言う事で、現状で中位指名くらいとなると思いますので、夏に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ順位は上がる可能性はあると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年6月13日掲示板にて寸評) 

仙台六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
細川 拓哉
(明秀日立−東北福祉大)
176・85
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、担いで、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、120`台の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、故障明けだったようですが、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月20日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、担いでスリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、130`台のスプリットは確認。
ストレートは速くなりましたし、変化球もまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、秋にも安定した投球を見せ続ければ短いイニングの投手として指名される可能性も出ると思います。
秋の更なる進化に期待したいものです。
(2022年6月25日掲示板にて寸評) 
有本 雄太
(おかやま山陽−
東北福祉大)
176・80
右・
大学では初めて見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまい、軸足を意識的に跳ね上げないようにしています。
3人で抑えたのでクイックは不明です。
球種的には、MAX152`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールは確認。
ストレートには威力がありましたし、縦スラは独特な曲がり方で良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず期待した成長曲線に達していましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、スライダー系以外の絶対的な変化球も習得できれば騒がれるようになると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月20日掲示板にて寸評)
佐藤 亜蓮
(由利工−仙台大)
174・77
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、ショート方向に足を伸ばして、腰を落として、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きめなので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130`台のカットボールは確認。
ストレートは質が良かったですし本来もっと出ると思いますし、変化球もまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけており、スライダー系以外の絶対的な変化球も習得していれば面白いと思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月21日掲示板にて寸評)

千葉大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
原田 桂吾
(北照−国際武道大)
171・68
左・左
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も捻るトルネードから溜めて、上体を1塁側に倒して、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローよりも上から投げ込んでくる変則フォームです。
右腕を低い位置で使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまい、一塁側に体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
牽制を入れて、クイックはまあまあしてきますが、バンバン走られてしまいます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、110〜120`台のスライダーと、110〜120`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月22日掲示板にて寸評)
板川 佳矢
(横浜−国際武道大)
172・73
左・左
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、軸足でつま先立ちしていきながら膝を内に引き上げて溜めて、上体が1塁側に傾いて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝を突っ張って、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、130`台のカットボールと、110`台のカーブと、120〜130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月23日掲示板にて寸評)
高坂 綾
(流通経済大−
千葉経済大)
178・82
右・右
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、担いでスリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、130〜140`台のカットボールと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、高校時代よりはかなり成長していましたので、冬に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ大化けすると思います。
春に期待したいものです。
(2022年2月26日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、止まり加減に溜めて、サード方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、担いでスリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差には当初から乏しく、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れがちとなって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックは微妙です。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、130〜140`台の縦スラと、110`台のカーブは確認。
ストレートは良いのと悪いののバラツキが激しかったですが、縦スラとカットボールは良かったです。
調子が悪かったのか?アピールしようとして力みすぎたのか?それとも東京ドームのマウンドが合わなかったのか、コントロールにはかなり苦しんでいました。
と言う事で、素材の良いのは高校時代から知っていますが、今回の結果では判断が難しいので秋の結果次第で指名されるかどうか決まるのでしょうね。
秋に期待したいものです。
(2022年6月15日掲示板にて寸評) 

東京新大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
内田 健太
(宇和島東−創価大)
179・79
左・左
大学では初めて見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、上体が1塁側に傾いて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、担いでスリークウォーターから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは大きく後ろに流れてしまい、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、120〜130`台のスライダーと、120`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月10日掲示板にて寸評)

関甲新大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
加藤 泰靖
(志学館−上武大)
182・82
右・
大学では初めて見れましたので感想など。
プレートの真ん中を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは大きく後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、130`台のスプリットと、130`台のツーシームと、130`台の縦スラと、偶に110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、ストレートで中々空振りが取れないのは気になったのと、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと鋭く小さく曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月31日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を小さく蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
しつこく牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、120〜130`台のスプリットと、120〜130`台の縦スラと、120`台のカットボールと、100`台のカーブは確認。
ストレートのAVはそうでもなかったですが、変化球はまずまずだったと思いますが、カーブの際にのみ腕の位置が上がっては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、夏に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ面白いと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月19日掲示板にて寸評) 
上村 嶺
(文徳−上武大)
188・82
右・
高校時代にも見た記憶はありますが、気になりましたので感想など。
プレートの真ん中付近を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、上体を3塁側に倒して、軸足のクッションを利用して、強烈にインステップして、サイドスローよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX139`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、120`台のシンカーは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、かなり成長していましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月1日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、上体を倒して、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、120`台の小さなスライダーは確認。
ストレートは浮き上がるタイプのものも投げれるようですし、スライダーも良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、スライダー以外の絶対的な変化球も習得出来れば面白いと思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月20日掲示板にて寸評) 
新谷 晴
(日本文理−上武大)
174・83
高校時代から何度も見てきましたが、大学では初めて感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、アウトステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプで、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、120〜130`台のチェンジアップと、120〜130`台のカットボールと、110〜120`台のスライダーと、100`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず成長はしていましたので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月21日掲示板にて寸評)
曾谷 龍平
(明桜−白鴎大)
182・70
左・左
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘はまずまず鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
肘をもっと前に出したいですが、肘が硬そうなのは気になります。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、120〜130`台の縦と横のスライダーのみ確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されましたが、速球左腕にありがちな荒れ荒れなタイプではないようです。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、冬に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけて、スライダー以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
春に期待したいものです。
(2022年2月23日掲示板にて寸評)

東京六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
生井 惇己
(慶応−慶応大)
176・73
左・左
大学では初めて真面目に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、アウトステップして、スリークウォーターからダイナミックに投げ込んでくる。
右腕を天に突き上げるように使うタイプですが、引き込みは抑え込まれています。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて結果として開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れて、3塁側に体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックは微妙です。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、120`台のスライダーのみ確認。
ストレートには凄みを感じさせましたし、スライダーもまずまずの代物だったと思います。
コントロールに関しては逆球も多かったですが、荒れ荒れの感じではなかったです。
と言う事で、期待した成長曲線以上に達していたのは好感ですので、後はフォームの再現性を高めて、スライダー以外の絶対的な変化球を2種類習得できれば来年騒がれるようになるのは必至と思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月4日掲示板にて寸評)
増居 翔太
(彦根東−慶応大)
171・68
左・左
大学では初めて見れましたので感想など。
プレートの3塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向を蹴って、上体が1塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先を立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、110`台のカーブと、110〜120`台のスライダーと、120〜130`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月5日掲示板にて寸評)
橋本 達弥
(長田−慶応大)
182・86
右・右
高校時代以来に見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を向けて、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、担ぎ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れるものの、クイックは微妙です。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、110`台のカーブと、120`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月6日掲示板にて寸評)

下級生時代にも感想を書きましたが、春も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を素早く低く内に引き上げて、左足を伸ばさずに上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、130`台のスプリットと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されましたし、3イニング目にはコントロールが乱れていましたので短いイニング向きなのだと思います。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、夏に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ短いイニングの投手として指名圏内に入ると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月26日掲示板にて寸評) 
荘司 康誠
(新潟明訓−立教大)
188・91
右・右
事前に名前は聞いていましたが、初めて見た感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
マウンドでは188aもあるように見えなかったですが、体のバランスが良いのでしょうし、身長の高い投手にありがちなカクカクした感じも無かったです。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、110`台のカーブと、120`台の縦スラと、130`台のフォークは確認。
ストレートはもっと出そうでしたし、変化球も良かったですが、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと小さく鋭く曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ来年騒がれるようになるのは間違いないと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月16日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、略オーバースローから投げ下ろしてくる美しめのフォームです。
デカい体ですが、体の使い方がスムーズなのは好感。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
デカい体ですが、バント処理も機敏です。
球種的には、MAX153`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、110〜120`台のカーブと、130〜140`台のカットボールと、130〜140`台のスプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思いますし、9回にも150`台を計測してきますしスタミナもあると思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、2022年度の大学生の中ではNO1だと思いますので、秋も順調なら1位指名確実となると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月27日掲示板にて寸評) 
宮 海土
(国学院栃木−立教大)
173・76
左・左
大学では初めて見たような気がしましたが、初めて感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って、セカンド方向に足を向けて、軸足のクッションを利用して、サイドスローとスリークウォーターの中間くらいから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大き目なので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先を立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、膝が割れて、かなり首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、110〜120`台のスライダーと、120`台のチェンジアップと、100`台のカーブは確認。
ストレートは良かったですが、変化球はまずまずの代物だったと思いますが、カーブの際にのみ腕の位置が上がっては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待以上に成長していましたので、変化球の精度をもっと上げて、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月30日掲示板にて寸評)
高山 陽成
(作新学院−明治大)
178・80
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、略オーバースローから投げ込んでくる美しめのフォームです。
左腕の使い方は悪くはないものの、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、130`台のスプリットと、110`台のカーブは確認。
いずれも良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線にはまずまず達していましたが、大学でのアピールは不足しているのでしょうから社会人経由と思いますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月9日掲示板にて寸評)

東都大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
杉本 幸基
(大垣日大−日大)
182・83
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
プレートの真ん中を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、サード方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は当初から乏しく、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、カットボールは確認。
ストレートは空振りがなかなか取れないのは気になりましたが、変化球はまずまずだったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、スライダー系以外の絶対的な変化球も2種類習得できれば化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月11日掲示板にて寸評)
松本 晴
(樟南−亜細亜大)
181・84
左・左
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、110〜120`台のスライダーと、130`台のカットボールと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、夏に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ可能性はあると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月24日掲示板にて寸評)
青山 美夏人
(横浜隼人−亜細亜大)
182・94
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
太腿が必要以上に太くなっていたのは気になりました。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、100`台のカーブと、120〜130`台のスプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、亜細亜大のエースにまで上り詰めるとは正直思っていなかったですのでその努力には拍手を送りたいですが、とは言え今のままでプロで即戦力には微妙な感じもしますので、夏に欠点を矯正して全てのボールのレベルを少しでも上げれれば指名は揺るぎないものとなるのだと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月25日掲示板にて寸評)

神奈川大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
川合 勇気
(掛川西−神奈川大)
181・90
右・
大学では初めて見れましたので感想など。
かなりゴロンとした体型になったようです。
振りかぶって、軸足でつま先立ちしていきながら、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、上体を3塁側に倒して、軸足のクッションを大きく利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130`台のスプリットと、130`台のツーシームと、偶に100`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
春に期待したいものです。
(2022年3月8日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
振りかぶって、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを大きく利用して(セカンドベース方向に重心が掛かりすぎている)、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングが早く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックもしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、130`台のスプリットと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年6月28日掲示板にて寸評) 
神野 竜速
(西武台千葉−神奈川大)
180・83
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
プレートの真ん中を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して溜めて(セカンドベース方向に重心が掛かりすぎている)、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
しつこく牽制を入れて、クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、偶に110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正しており、ストレートにももっと磨きをかけていければ大化けすると思います。
春に期待したいものです。
(2022年3月7日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
プレートの真ん中を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きめに利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝を突っ張って、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、110`台のカーブと、130`〜140`台のスプリットと、120〜140`台の縦スラは確認。
いずれも一定レベル以上の代物でしたし、縦スラは1球1球曲がりが一定していないので打者にとっては打ちにくそうです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、夏に欠点を矯正していき秋の投球次第では指名の可能性も高まるのだと思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月1日掲示板にて寸評) 
渡邊 匠
(國學院栃木−神奈川大)
175・73
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
プレートの真ん中を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使うタイプですが、引き込みは抑えられています。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて結果的に開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
3イニングをパーフェクトに抑えたので、クイックは不明です。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、120〜130`台の2種類のスライダーと、110〜120`台のカーブと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年6月29日掲示板にて寸評)
七俵 陸
(創成館−神奈川大)
181・86
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、アウトステップ気味に、サイドスローとスリークウォーターの中間よりも下から投げ込んでくる。
右腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは大きく後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、110〜120`台のスライダーのみ確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、観戦日は緊張したのか良くはなかったですが、徐々に成長はしてきたと思いますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、スライダー以外の絶対的な変化球も複数習得出来れば面白いと思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年6月26日掲示板にて寸評)

愛知大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
眞田 拓
(東郷−名城大)
177・73
右・
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングが早く、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはイマイチです。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラのみ確認。
ストレートには威力がありましたが、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと鋭く小さく曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、縦スラ以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月28日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して溜めて、インステップ気味に、担ぎ気味にスリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプで、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
牽制は入れるものの、溜めるのでクイックは微妙です。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、120〜130`台のカットボールは確認。
ストレートには威力がありましたが、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと小さく鋭く曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、夏に欠点を矯正していき、スライダー系以外の絶対的な変化球も複数習得出来れば可能性はあると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月15日掲示板にて寸評) 

北陸大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
立石 健
(大体大浪商−
福井工大)
183・81
右・
高校の時も感想を書きましたが、大学では初めて見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターより上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、膝を突っ張って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、120`台のチェンジアップと、120〜130`台のスプリットは確認。
ストレートは高校卒業してから数カ月で速くなりましたし、変化球もまずまずの代物だったと思いますが、縦スラは落差が大きなタイプなのでもっと小さく鋭く曲がるものにブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、徐々に良くなっていましたので、今後更に欠点を矯正していければ騒がれるようになると思います。
3年後に期待したいものです。
(2019年7月12日掲示板にて寸評)

下級生の時に感想を書きましたが、それ以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる美しいフォームです。
左腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、110`台のカーブと、120`台のスプリットと、120`台の縦スラと、120`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、半月板損傷明けの投球だったようですが、その割には悪くなかったですので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれることは間違いないと思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月3日掲示板にて寸評) 
前川 怜
(鈴鹿−福井工大)
189・92
右・
名前は聞いたことがありましたが、初めて見た感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、左足を伸ばさずに、軸足のクッションを利用して、インステップして、オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、120`台のフォークと、120〜130`台の縦スラは確認。
ストレートはAV的には130`台でしたが角度は光りましたし、変化球はまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月3日掲示板にて寸評)
堀本 尚也
(熊野−金沢学院大)
176・78
右・右
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX141`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、120〜130`台の縦スラは確認。
ストレートは150`を超えると言われていた割には東京ドームのマウンドが合わなかったのか球速が出なかったですが、カットボールは良かったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、緩いボールも習得できれば化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年6月17日掲示板にて寸評)
西居 海人
(和歌山工−金沢学院大)
181・81
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きめに利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、120`台のチェンジアップは確認。
本来ストレートは140`台後半を出すようになったようですが、観戦日は調子が悪かったのか?東京ドームのマウンドが合わなかったのか良くはなかったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線にはやや達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年6月18日掲示板にて寸評)
高橋 直希
(寒川−金沢学院大)
179・80
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、アウトステップして、サイドスローよりもかなり上から投げ込んでくる。
左腕を低く使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、着地も早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
1イニングを3人で抑えたので、クイックは不明です。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、120〜130`台のカットボールと、130`台のシンカーは確認。
いずれも良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたし特徴もありますので、秋までの進化次第では可能性があると思います。
秋にかなり期待したいものです。
(2022年6月19日掲示板にて寸評)

京滋大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
木村 光
(奈良大付−仏教大)
173・70
右・
大学では初めて見れましたので感想など
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングが早く、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
ストレートには威力がありましたが、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと鋭く小さく曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月21日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる、力感の無いフォームになってました。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、故障明けでのぶっつけ登板だったようですが、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、夏に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月17日掲示板にて寸評) 

関西学生野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
西 隼人
(西日本短大付
−関学大)
176・80
右・
高校時代以来に見れましたので感想など。
振りかぶって、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、130`台のスプリットと、130`台のカットボールと、130`台の縦スラと、110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月29日掲示板にて寸評)
久保 玲司
(関大北陽−近大)
172・67
左・左
事前に気になっていましたが、初めてちゃんと見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向に足を伸ばして、上体も捻りながら、軸足のクッションを利用して、インステップして、担いでスリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を縮めてから伸ばすタイプで、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
球を上手く隠せており、かなり球の出所が見づらいのは特徴的です。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX139`を計測したストレートと、110`台のスライダーと、120`台のカットボールと、120`台のスプリットは確認。
ストレートは150`超と聞いていた割には遅かったですが、スプリットはプロでも通用する代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、球の出所の見づらさとスプリットと言う武器がありますので、ストレートのスピードの物足りなさを夏に克服できれば指名の可能性も出てくると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月4日掲示板にて寸評)
大石 晨慈
(近大付−近大)
180・90
左・左
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX138`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、110`台のチェンジアップと、100`台のカーブは確認。
ストレートは150`と聞いていた割には高校時代と同様の軟投派でしたが、変化球はまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月5日掲示板にて寸評)

関西六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
前田 竣也
(天理−大商大)
182・77
右・
高校時代に感想を書きましたが、大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは大きく後ろに流れてしまいます。
クイックはまずまずしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと鋭く小さく曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、高校時代も番手の投手でしたが、投手の層の厚い強豪大でベンチ入りするとは良くやっていると思いますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月23日掲示板にて寸評)
伊原 陵人
(智弁学園−大商大)
170・72
左・左
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、略オーバースローから投げ込んでくる。
右腕を低い位置で使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、120〜130`台のカットボールと、120`台の2種類のスライダーと、120〜130`台のチェンジアップと、120`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月24日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、オーバースローから投げ込んでくる。
右腕を低い位置で使うタイプですが、引き込みは抑えられています。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて結果的に開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX144`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、100`台のカーブと、130`台のカットボールと、120`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年7月12日掲示板にて寸評) 

中国地区大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
安藝 智哉
(生光学園−環太平洋大)
180・84
大学では初めて見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、120〜130`台のカットボールと、120`台のツーシームと、100`台のカーブと、120`台の縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年6月22日掲示板にて寸評)
辻 祐希斗
(関大北陽−環太平洋大)
178・78
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して溜めて(セカンドベース方向に重心が掛かりすぎ)、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を直ぐにホーム方向に向けて、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプで、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックは溜めるタイプなので微妙です。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、110`台のカーブと、120`台のナックルカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、社会人で欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
2年後に期待したいものです。
(2022年6月23日掲示板にて寸評)

福岡六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
渡辺 翔太
(北九州−九州産業大)
181・79
右・
高校時代以来に見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングが早く、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、120`台の大小2種類の縦スラと、130`台のカットボールは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月19日掲示板にて寸評)

九州六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
村上 幸人
(九産大九州−福岡大)
178・75
右・
高校時代以来に見れましたので感想など。
プロフ通り相変わらず体がかなり華奢です。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、上体が3塁側に傾いて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
開きは早いものの、球は頭の後ろに隠せているようです。
右手首の使い方は独特です。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首をかなり振って、グラブは後ろに大きく流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、120`台のカットボールと、120`台のフォークと、130`台のスプリットと、130`台のツーシームと、130`台の縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年8月3日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX140`を計測したストレートと、110〜130`台のシンカーと、120〜130`台のカットボールと、120`台の縦スラと、偶に110`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、シンカーに関してはプロでも通用するボールだと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、シンカーと言う絶対的な武器を持っていますので、後はストレートが遅い点をスカウトがどう評価するか?ですので、夏にもう一度ストレートを磨けば、伸びしろもまだまだあると思いますので可能性はあると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月12日掲示板にて寸評) 
木下 里都
(福岡舞鶴−福岡大)
182・80
事前に気になっていましたが、初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、130〜140`台のカットボールと、120〜130`台の縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、夏に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、スライダー系以外の絶対的な変化球も習得出来れば可能性はあると思います。
秋に期待したいものです。
(2022年7月11日掲示板にて寸評)

九州地区大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
仲地 礼亜
(嘉手納−沖縄大)
178・75
右・
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングが早く、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは遊んで、体勢を崩してしまうケースも見られました。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
フィールディングの動きも良かったです。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、110`台のカーブと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、130`台のチェンジアップと、130`台のスプリットは確認。
ストレートの質は良かったですし、変化球も一定レベル以上の代物だったと思いますが、縦スラは落差があるタイプなので、もっと小さく鋭く曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、驚くほど伸びていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければイケメンでもありますし騒がれるようになると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月17日掲示板にて寸評)