3年生の逸材

北海道学生野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
石澤 大和
(網走南ヶ丘−東農大オ)
176・74
どうしようか迷いましたが、高校時代以来に見れましたので折角なので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って、セカンドベース方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX138`を計測したストレートと、120`台のスライダーと、90`台のカーブと、120〜130`台のチェンジアップは確認。
ストレートは145`超まで伸びたと言われていた割に遅かったですが、変化球はまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月7日掲示板にて寸評)

札幌学生野球

氏名 身長・体重 コメント 将来性
登坂 真大
(札幌光星−東海大札幌)
168・68
右・右
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ノーワインドアップから膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕の使い方は悪くはないものの、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、スライダー系以外の絶対的な変化球も複数習得出来れば化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月2日掲示板にて寸評)

北東北大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
板垣 瑠翼
(秋田南−富士大)
180・75
右・ 
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って(この際に軸足がぐらつくのは解消したい)、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、120〜130`台の縦スラと、130`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき(特に軸足でしっかり立つこと)、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月25日掲示板にて寸評)

仙台六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
川和田 悠太
(八千代松蔭−仙台大)
182・78
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローよりも上から投げ込んでくる。
左腕の低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX141`を計測したストレートと、110`台の縦スラと、120`台のチェンジアップと、120`台のシンカーと、120`台のスライダーは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月22日掲示板にて寸評)

南東北大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
大山 凌
(白鴎大足利−
東日本国際大)
178・77
事前に気になっていましたが、初めて見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、120`台のカットボールと、120`台のスプリットと、偶に90`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、カーブの際にのみ肘を立てては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしてはかなり良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月18日掲示板にて寸評)

関甲新大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
柴藤 大輝
(東海大相模−上武大)
174・80
高校時代から何度も見てきましたが、大学では初めて感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローとスリークウォーターの中間よりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、着地も早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先を立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、120`台の縦スラと、120`台のチェンジアップと、120`台のスプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思いますが、ストレートは初戦では非常に良かったのですが、その後は初戦ほどのストレートではなくなっていったので、もっと再現性を高めたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線にはまずまず達していましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月21日掲示板にて寸評)

東京新大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
野口 渉
(境−共栄大)
177・82
右・
大学では初めて見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ノーワインドアップから、膝を高く内に引き上げて、ショート方向に足を向けて、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまい、体勢を崩してしまうケースも見られました。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
3人で抑えたので、クイックは不明です。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130`台のスプリットと、110`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月26日掲示板にて寸評)

東京六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
蒔田 稔
(九州学院−明治大)
178・85
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、120〜130`台のスプリットと、110`台のカーブと、120`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月9日掲示板にて寸評)
村田 賢一
(春日部共栄−明治大)
181・87
右・右
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、110`台のカーブと、130`台のスプリットと、130`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月10日掲示板にて寸評)

東都大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
武内 夏暉
(八幡南−國學院大)
185・83
左・左
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を縮めてから伸ばすタイプですが、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX142`を計測したストレートと、110〜120`台のスライダーと、100`台のカーブと、110〜120`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月23日掲示板にて寸評)
遠藤 慎也
(京都翔英−亜細亜大)
177・77
右・右
事前に気になっていましたが、初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、120〜130`台のスプリットと、100`台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月23日掲示板にて寸評)

神奈川大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
古謝 樹
(湘南学院−桐蔭横浜大)
180・63
左・左
全く知らない投手でしたが、2アウトランナー2塁の場面で打者一人に対する投球でしたが、かなり気になりましたので感想など。
セットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を小さく蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、インステップして、略オーバースローから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
腕を引き上げるタイミングも必要以上に遅れるのも気になります。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまい、3塁側に大きく体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、120`台のパワーカーブのみ確認。
ストレートはもっと出そうでしたし、パワーカーブも良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、パワーカーブ以外の絶対的な変化球も習得できれば面白いと思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年2月25日掲示板にて寸評)

首都大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
大久保 啓
(東海大福岡−東海大)
177・78
右・
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は柔らかく鋭角に使ってきましたし、肘から先を立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX146`を計測したストレートと、140`台のシュートと、110`台のチェンジアップと、120`台の縦スラは確認。
ストレートのキレは中々良かったですし、シュートは良かったです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ大化けすると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年3月5日掲示板にて寸評)

愛知大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
松本 凌人
(神戸国際大付
−名城大)
183・89
右・
大学では初めて見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、軸足に絡めてからショート方向を蹴って、上体を3塁側に倒して、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、サイドスローよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX150`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、120`台のシンカーは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月27日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、軸足でつま先立ちしていきながら膝を内に引き上げて溜めて、軸足に絡めてからショート方向を蹴って、上体を倒して、軸足のクッションを利用して、サイドスローよりもかなり上から踊るように投げ込んでくる。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きめなので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、120〜130`台のカットボールと、130`台のスプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月16日掲示板にて寸評) 
岩井 俊介
(京都翔英−名城大)
181・85
右・ 
高校時代に名前は聞いたことがありましたが、初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、上体が3塁側に傾いて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みはかなり早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120〜130`台の大小2種類の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月27日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みはかなり早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは遊んでしまっています。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、120〜130`台のスプリットと、130`台のカットボールは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月15日掲示板にて寸評) 

東海地区大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
正木 陸
(神戸国際大付−
岐阜聖徳大)
180・82
右・
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
太ももがかなり太いです。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、上体を3塁側に倒して、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先を立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX141`を計測したストレートと、110`台の縦スラと、120`台のシンカーは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月18日掲示板にて寸評)

関西六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
野中 太陽
(大成学院−大商大)
183・76
右・
知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと鋭く小さく曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、縦スラ以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月24日掲示板にて寸評)
上田 大河
(大商大高−大商大)
181・80
右・
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
やや腰が開くのが早いのは気になります。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、130`台の縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、スライダー系以外の絶対的な変化球も習得し、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月24日掲示板にて寸評)

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を一旦低く引き上げて溜めてから高く内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX152`を計測したストレートと、120〜130`台の縦スラと、130`台のカットボールと、130〜140`台のスプリットと、100`台のカーブは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず期待通りに成長はしていましたので、今後細かい欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月14日掲示板にて寸評) 
高 太一
(広陵−大商大)
183・79
左 
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、膝が割れがちに、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX141`を計測したストレートと、100`台のカーブと、120`台のスプリットと、120`台のカットボールと、110`台のチェンジアップと、110`台のスライダーは確認。
ストレートは球速表示以上に良かったですし、変化球もまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず成長はしていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月14日掲示板にて寸評)
中澤 嶺
(比叡山−龍谷大)
179・73
左・左
知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
プレートの3塁側を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って、軸足に絡めてからセカンド方向を蹴って、腰を落として、サイドスローとスリークウォーターの中間くらいから投げ込んでくる。
右腕を低く使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先をまあまあ立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、膝が割れ気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX142`を計測したストレートと、120〜130`台のスライダーのみ確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、スライダー以外の絶対的な変化球も習得できれば大化けすると思います。
まずは春に期待したいものです。
(2022年3月18日掲示板にて寸評)
伊藤 岳斗
(磐田東−龍谷大)
180・77
右・右
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120〜130`台のカットボールと、120〜130`台の縦スラと、110〜120`台のパワーカーブと、120`台のスプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かにかなり良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
まずは春に期待したいものです。
(2022年3月17日掲示板にて寸評)

広島六大学野球

氏名 身長・体重 コメント 将来性
沖田 伊吹
(三次−近大工学部)
175・76
右・右
事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、オーバースローから投げ込んでくる。
左腕の使い方は悪くはないものの、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX142`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、110`台のカーブは確認。
ストレートは本来148`との触れ込みでしたが、観戦日はイマイチでしたが、変化球はまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かにまずまず良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、絶対的な変化球も習得できれば大化けすると思います。
先ずは今年の進化に期待したいものです。
(2022年3月15日掲示板にて寸評)

福岡六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
楠本 宏武
(鎮西学園−九州産業大)
175・78
右・右
高校時代以来に見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、130`台のカットボールは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、ストレートがシュート回転するのは気になりました。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
投手としては球が速くなりましたしまずまず伸びていましたが、本質的にはナイスな打撃を生かしたほうが良いと強く思いますが、残念ながら本人は投手志望なのでしょうね。
と言う事で、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、カットボール以外の絶対的な変化球も複数習得できれば化けれると思います。
先ずは秋に期待したいものです。
(2021年7月19日掲示板にて寸評)
坂元 創
(春日−九州共立大)
188・88
右・右
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きめなので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、130`台の縦スラと、120`台の落差のある縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、縦スラ以外の絶対的な変化球も複数習得出来れば大化けしても不思議ではないと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月3日掲示板にて寸評)
木村 仁
(北九州−九州共立大)
181・87
右・右
事前に気になっていましたが、初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して(セカンドベース方向に重心が掛かりすぎ)、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
腕の軌道が必要以上に体から遠ざかるのは気になります。
フィニッシュでは、膝を突っ張って、首を物凄く振って、グラブは後ろに流れてしまい、体勢を崩してしまうケースも見られました。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120`台の縦スラのみ確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、縦スラ以外の絶対的な変化球も複数習得出来れば大化けすると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月4日掲示板にて寸評)

2年生の逸材

北海道学生野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
笠間 稜世
(旭川実−東農大オ)
175・76
右 
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーがいる際の登板だったのでセットしか分からず。
プレートの1塁側を踏んで、セットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX147`を計測したストレートと、120`台の縦スラのみ確認。
ストレートには威力がありましたが、縦スラはすっぽ抜けていましたので精度は不明です。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、詳細は分からない部分もありましたが良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、縦スラ以外の絶対的な変化球も複数習得出来れば大化けしても不思議ではないと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月8日掲示板にて寸評)

仙台六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
小池 侑生
(前橋-東北大)
右・右
174・69
福祉大を相手に1失点無四球完投、32年ぶりの勝利の立役者です。
マウンドでは、プロフよりもかなり大きく見えます。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込みます。
左腕を下から上に使って、引き込みはやや早いです。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早いです。
テイクバックは大きめで、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって状態も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使えます。
フィニッシュでは首を振って、グラブを少しだけ引いています。
リリース時も軸足がプレートに残っているのは良い点です。
クイック・バント処理はまずまずです。
本日、最速140キロを計測したストレート、110〜120キロちょっとのスライダー、カーブを巧みに操ります。甘い球も時折あったものの、コントロールはかなり纏めてきましたし、ストレートは両サイドに、変化球は低めに、という意識がかなり強いです。
終盤には球速が落ちてきたかな?とも思ったのですが、9回にも139キロを計測しました。
また、捕って欲しかった打球が3塁打になっても、吠えながら無失点に切り抜けるメンタルの強さもかなり印象的です。
どうしても速球投手ばかりが騒がれますが、投手はコントロールとマウンド度胸が大切だということを改めて教えてくれた投手です。
残りの試合でもまた大物食いに期待したいです。
(22年4月 リシアンサスさん情報)

東京六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
鹿田 泰生
(早稲田実−早稲田大)
187・85
右・右
全く聞いたことがない投手でしたが、ちょっと驚きましたので感想など。
プレートの真ん中を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて、サード方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差に当初から乏しく、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
観戦日はランナーを出さなかったので、クイックは不明です。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、130`台のカットボールと、130`台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、高校時代も多分控えの投手だったのでしょうがかなりの素材であることは理解できましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ騒がれるようになると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月26日掲示板にて寸評)

神奈川大学野球

氏名 身長・体重 コメント 将来性
石井 将吾
(相洋−神奈川大)
175・78
高校時代に感想を書きましたし、昨年も見ていましたが、今回も見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を天に突き上げるように使うタイプですが、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはまずまずしてきます。
球種的には、MAX148`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130`台のスプリットは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思いますが、縦スラは落差のあるタイプなので、もっと小さく鋭く曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年6月27日掲示板にて寸評)

首都大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
松崎 公亮
(聖徳学園−武蔵大)
185・80
右・ 
高校時代以来に見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX149`を計測したストレートと、120`台の縦スラと、130`台のフォークは確認。
ストレートは1年でかなり速くなりましたし、フォークは良かったですが、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと小さく鋭く曲がる代物にブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、ここまでは期待通りの成長曲線を描いていましたので、更に欠点を矯正しスケールアップしていければ騒がれるようになると思います。
先ずは春に期待したいものです。
(2022年2月28日掲示板にて寸評)
岩本 真之介
(市和歌山−東海大)
181・75
左・左
大学では初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、略オーバースローから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX143`を計測したストレートと、100〜120`台のカーブと、120`台のスライダーと、120〜130`台のチェンジアップは確認。
ストレートは殆どが130`台でしたが、変化球はまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのはかなり遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていければ面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年6月21日掲示板にて寸評)

1年生の逸材

仙台六大学

氏名 身長・体重 コメント 将来性
堀越 啓太
(花咲徳栄−東北福祉大)
183・90
一般的に高校時代に寸評した大学1年生はやらないのですが、フォームが変わって良くなっていましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を高く内に引き上げて、ショート方向に足を向けて、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローとスリークウォーターの中間くらいから投げ込んでくる。
高校時代よりもかなり腕の位置を下げたようです。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは遊んでしまっていました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX154`を計測したストレートと、130`台のカットボールのみ確認。
ストレートは一気に速くなっていました。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待以上に短期間で成長していましたので、今後徐々にフォームの欠点を矯正していき、カットボール以外の絶対的な変化球も複数習得出来れば騒がれるようになると思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年6月24日掲示板にて寸評)

東都大学野球連盟

氏名 身長・体重 コメント 将来性
山城 京平
(興南−亜細亜大)
174・68
左・左
事前に気になっていましたが、初めて見れましたので感想など。
ランナーなしでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って、上体が1塁側に傾いて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを大きく利用して、サイドスローとスリークウォーターの中間くらいから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないタイプです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブはまずまず抱え込むタイプです。
クイックは不明です。
球種的には、MAX151`を計測したストレートと、110`台のスライダーは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めてはきましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していき、ストレートにももっと磨きをかけていき、スライダー以外の絶対的な変化球も習得出来れば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。
(2022年7月23日掲示板にて寸評)


HOME